Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 群論(ぐんろん、英語: group theory)とは、群を研究する学問。群の概念は抽象代数学における中心的な概念。環・体・ベクトル空間などは、演算や公理が付与された群と看做すことができる。群論の方法は代数学の大部分に強い影響を与えている。線形代数群とリー群の理論は群論の一分野。特に発展を遂げており、独自の適用範囲を持っている。結晶や、水素原子などの構造の多くは、対称性の群(symmetry group)で表現できる。このように、群論は、物理学や化学の中に多くの実例・応用例がある。1960年代~80年代に発表された総計1万ページを超える論文によって、完全な有限単純群の分類(classification of finite simple groups)が達成された。これは多くの数学者の共同作業の賜物であり、20世紀の数学の最も重要な業績の一つ。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 659343 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17472 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 248 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57467397 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 群論(ぐんろん、英語: group theory)とは、群を研究する学問。群の概念は抽象代数学における中心的な概念。環・体・ベクトル空間などは、演算や公理が付与された群と看做すことができる。群論の方法は代数学の大部分に強い影響を与えている。線形代数群とリー群の理論は群論の一分野。特に発展を遂げており、独自の適用範囲を持っている。結晶や、水素原子などの構造の多くは、対称性の群(symmetry group)で表現できる。このように、群論は、物理学や化学の中に多くの実例・応用例がある。1960年代~80年代に発表された総計1万ページを超える論文によって、完全な有限単純群の分類(classification of finite simple groups)が達成された。これは多くの数学者の共同作業の賜物であり、20世紀の数学の最も重要な業績の一つ。
rdfs:label
  • 群論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:field of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:fields of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of