Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 美濃源氏(みのげんじ)とは、中世に美濃国に土着し本拠とした源氏の流れを汲む一族の呼称。清和源氏頼光流土岐氏族。平安時代末期から鎌倉時代初頭の頃、土岐光衡が美濃国土岐郡に土着したことに始まる。鎌倉時代に御家人として勢力を持ち、南北朝時代には北朝方として室町幕府の創設に貢献したことから美濃の守護大名となる。以降、美濃一円に支流氏族(明智氏、原氏、肥田氏、石谷氏など)が広がったが、戦国時代の家臣斎藤道三の下克上により土岐宗家は没落した。清和源氏頼光流多田氏族。平安時代後期に源頼光の曾孫源国直(山県三郎、美濃三郎)が美濃国山県郡に住したことに始まり、子孫は山県氏族として美濃に勢力を持った。清和源氏満政流。平安時代中期に源満仲の次弟である源満政(八島大夫満政)が美濃国方県郡八島に住したことに始まり、子孫は八島氏族として美濃に勢力を持った。また、上記のほか河内源氏の流れを汲む源義綱の一族も美濃国内に地盤を有していた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 304323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2274 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 86 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59106096 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 美濃源氏(みのげんじ)とは、中世に美濃国に土着し本拠とした源氏の流れを汲む一族の呼称。清和源氏頼光流土岐氏族。平安時代末期から鎌倉時代初頭の頃、土岐光衡が美濃国土岐郡に土着したことに始まる。鎌倉時代に御家人として勢力を持ち、南北朝時代には北朝方として室町幕府の創設に貢献したことから美濃の守護大名となる。以降、美濃一円に支流氏族(明智氏、原氏、肥田氏、石谷氏など)が広がったが、戦国時代の家臣斎藤道三の下克上により土岐宗家は没落した。清和源氏頼光流多田氏族。平安時代後期に源頼光の曾孫源国直(山県三郎、美濃三郎)が美濃国山県郡に住したことに始まり、子孫は山県氏族として美濃に勢力を持った。清和源氏満政流。平安時代中期に源満仲の次弟である源満政(八島大夫満政)が美濃国方県郡八島に住したことに始まり、子孫は八島氏族として美濃に勢力を持った。また、上記のほか河内源氏の流れを汲む源義綱の一族も美濃国内に地盤を有していた。
rdfs:label
  • 美濃源氏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:氏族 of
is foaf:primaryTopic of