美学(びがく、英: aesthetics、またæsthetics、estheticsとも、希: Αισθητική (本文の2. の項、参照)、「感性の学問」)とは美の本質や構造を、その現象としての自然・芸術及びそれらの周辺領域を対象として、経験的かつ形而上学的に探究する哲学の一領域である。森鷗外により「審美学」という訳語が与えられたが、現在では美学と呼称される。 19世紀後半のドイツでは、美学から芸術の研究を独立させようと、芸術学(げいじゅつがく、独: Kunstwissenschaft、英: science of art)が提唱された。その後、美学は一般芸術学の主張を取り入れて変化し、今日では美学が哲学的であるのに対して、科学的・実証的な芸術研究を指して、芸術学と呼ぶようになってきている。

Property Value
dbo:abstract
  • 美学(びがく、英: aesthetics、またæsthetics、estheticsとも、希: Αισθητική (本文の2. の項、参照)、「感性の学問」)とは美の本質や構造を、その現象としての自然・芸術及びそれらの周辺領域を対象として、経験的かつ形而上学的に探究する哲学の一領域である。森鷗外により「審美学」という訳語が与えられたが、現在では美学と呼称される。 19世紀後半のドイツでは、美学から芸術の研究を独立させようと、芸術学(げいじゅつがく、独: Kunstwissenschaft、英: science of art)が提唱された。その後、美学は一般芸術学の主張を取り入れて変化し、今日では美学が哲学的であるのに対して、科学的・実証的な芸術研究を指して、芸術学と呼ぶようになってきている。 (ja)
  • 美学(びがく、英: aesthetics、またæsthetics、estheticsとも、希: Αισθητική (本文の2. の項、参照)、「感性の学問」)とは美の本質や構造を、その現象としての自然・芸術及びそれらの周辺領域を対象として、経験的かつ形而上学的に探究する哲学の一領域である。森鷗外により「審美学」という訳語が与えられたが、現在では美学と呼称される。 19世紀後半のドイツでは、美学から芸術の研究を独立させようと、芸術学(げいじゅつがく、独: Kunstwissenschaft、英: science of art)が提唱された。その後、美学は一般芸術学の主張を取り入れて変化し、今日では美学が哲学的であるのに対して、科学的・実証的な芸術研究を指して、芸術学と呼ぶようになってきている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1748 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9157 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80686543 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20161011183147 (xsd:decimal)
prop-ja:title
  • 慶應義塾大学文学部 - 美学美術史学専攻 (ja)
  • 慶應義塾大学文学部 - 美学美術史学専攻 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --02-01
prop-ja:独自研究
  • 2018 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • 美学(びがく、英: aesthetics、またæsthetics、estheticsとも、希: Αισθητική (本文の2. の項、参照)、「感性の学問」)とは美の本質や構造を、その現象としての自然・芸術及びそれらの周辺領域を対象として、経験的かつ形而上学的に探究する哲学の一領域である。森鷗外により「審美学」という訳語が与えられたが、現在では美学と呼称される。 19世紀後半のドイツでは、美学から芸術の研究を独立させようと、芸術学(げいじゅつがく、独: Kunstwissenschaft、英: science of art)が提唱された。その後、美学は一般芸術学の主張を取り入れて変化し、今日では美学が哲学的であるのに対して、科学的・実証的な芸術研究を指して、芸術学と呼ぶようになってきている。 (ja)
  • 美学(びがく、英: aesthetics、またæsthetics、estheticsとも、希: Αισθητική (本文の2. の項、参照)、「感性の学問」)とは美の本質や構造を、その現象としての自然・芸術及びそれらの周辺領域を対象として、経験的かつ形而上学的に探究する哲学の一領域である。森鷗外により「審美学」という訳語が与えられたが、現在では美学と呼称される。 19世紀後半のドイツでは、美学から芸術の研究を独立させようと、芸術学(げいじゅつがく、独: Kunstwissenschaft、英: science of art)が提唱された。その後、美学は一般芸術学の主張を取り入れて変化し、今日では美学が哲学的であるのに対して、科学的・実証的な芸術研究を指して、芸術学と呼ぶようになってきている。 (ja)
rdfs:label
  • 美学 (ja)
  • 美学 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:academicDiscipline of
is dbo:field of
is dbo:genre of
is dbo:mainInterest of
is dbo:occupation of
is dbo:philosophicalSchool of
is dbo:type of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:almaMater of
is prop-ja:discipline of
is prop-ja:education of
is prop-ja:field of
is prop-ja:fields of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:学派 of
is prop-ja:専門分野 of
is prop-ja:研究分野 of
is prop-ja:研究科 of
is foaf:primaryTopic of