Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 羅 大綱(ら だいこう、Luo Dagang、1804年 - 1855年)は、太平天国の指導者の一人。広東省潮州掲陽県藍田都出身。初め漕運業に従事して天地会に加入していたが、陸順徳らとともに金田蜂起に参加した。太平天国軍が武漢三鎮・南京を攻略するのに功績があった。天京に都を定めた後は林鳳祥に従って鎮江と揚州を攻め落とした。鎮江に駐屯し、数度にわたって湘軍の水軍を撃退した。1854年、安慶に駐屯し江西省饒州府(現在の鄱陽県)を攻略した。また石達開とともに九江に増援に赴き、湘軍に勝利して三たび武昌を占領した。1855年、九江の湖口の守りにつく。8月に蕪湖の戦闘で負傷して天京に戻ったが、10月に死去した。冬官正丞相などの職を歴任していたが、死後に「奮王」の称号を贈られた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1131976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 628 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55751671 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 羅 大綱(ら だいこう、Luo Dagang、1804年 - 1855年)は、太平天国の指導者の一人。広東省潮州掲陽県藍田都出身。初め漕運業に従事して天地会に加入していたが、陸順徳らとともに金田蜂起に参加した。太平天国軍が武漢三鎮・南京を攻略するのに功績があった。天京に都を定めた後は林鳳祥に従って鎮江と揚州を攻め落とした。鎮江に駐屯し、数度にわたって湘軍の水軍を撃退した。1854年、安慶に駐屯し江西省饒州府(現在の鄱陽県)を攻略した。また石達開とともに九江に増援に赴き、湘軍に勝利して三たび武昌を占領した。1855年、九江の湖口の守りにつく。8月に蕪湖の戦闘で負傷して天京に戻ったが、10月に死去した。冬官正丞相などの職を歴任していたが、死後に「奮王」の称号を贈られた。
rdfs:label
  • 羅大綱
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of