Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 織田氏(おだし)は、日本の氏族・武家。斯波氏の家臣の家柄。家紋は揚羽蝶、織田木瓜など。通し字は嫡流・伊勢守家の「広」、大和守家の「定」、後に近世大名となる弾正忠家の「信」など。織田一族の発祥地は越前国織田庄(福井県丹生郡越前町)にある劔神社である。本姓は藤原氏(のちに平氏を称する)。実際は忌部氏の流れを汲むとされる。甲斐氏、朝倉氏と同じく、三管領の斯波武衛家の守護代であり、序列は甲斐氏に次いで二位であった。室町時代は尾張国の守護代を務める。戦国時代には一族同士の争いの結果、弾正忠家の織田信長が勢力を大きく広げた。しかし、天下統一を目前に本能寺の変で信長および嫡子の織田信忠が討たれると織田家有力家臣の勢力争いとなった。最終的に羽柴秀吉が織田家中を纏めたが、嫡孫織田秀信成長後も政権は織田家に返されることはなかった。しかし織田家の本国である岐阜城は返却され美濃の領主とされた。関ヶ原の戦いで西軍についたことで徳川家康により織田家(嫡流)は滅ぼされた。もっとも、弾正忠家の庶流は江戸時代には外様の小大名や高家、旗本、尾張藩や明石藩家老などとして存続した。なかには藤掛氏、津田氏のように織田を称しない一族もいる。明治維新後、大名の織田家四家が子爵に列した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 45761 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 34591 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 739 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59120718 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人物
prop-ja:出身地
prop-ja:家名
  • 織田氏
prop-ja:家紋
  • Mon-Oda.png
prop-ja:家紋名称
  • 織田瓜
prop-ja:支流
prop-ja:本姓
  • 称・桓武平氏(藤原氏・忌部氏)
prop-ja:根拠地
prop-ja:種別
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 織田氏(おだし)は、日本の氏族・武家。斯波氏の家臣の家柄。家紋は揚羽蝶、織田木瓜など。通し字は嫡流・伊勢守家の「広」、大和守家の「定」、後に近世大名となる弾正忠家の「信」など。織田一族の発祥地は越前国織田庄(福井県丹生郡越前町)にある劔神社である。本姓は藤原氏(のちに平氏を称する)。実際は忌部氏の流れを汲むとされる。甲斐氏、朝倉氏と同じく、三管領の斯波武衛家の守護代であり、序列は甲斐氏に次いで二位であった。室町時代は尾張国の守護代を務める。戦国時代には一族同士の争いの結果、弾正忠家の織田信長が勢力を大きく広げた。しかし、天下統一を目前に本能寺の変で信長および嫡子の織田信忠が討たれると織田家有力家臣の勢力争いとなった。最終的に羽柴秀吉が織田家中を纏めたが、嫡孫織田秀信成長後も政権は織田家に返されることはなかった。しかし織田家の本国である岐阜城は返却され美濃の領主とされた。関ヶ原の戦いで西軍についたことで徳川家康により織田家(嫡流)は滅ぼされた。もっとも、弾正忠家の庶流は江戸時代には外様の小大名や高家、旗本、尾張藩や明石藩家老などとして存続した。なかには藤掛氏、津田氏のように織田を称しない一族もいる。明治維新後、大名の織田家四家が子爵に列した。
rdfs:label
  • 織田氏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:conflict of
is prop-ja:result of
is prop-ja:rulers of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:氏族 of
is foaf:primaryTopic of