Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 縁故主義(えんこしゅぎ)またはネポティズム(Nepotism)とは、親族や地縁・血縁などの縁を持つ縁故者を重用する思考。権力者は縁故者を自らの側近や部下として配することで知られる。社会学の分野においては、同族・同郷者に限らず同じコミュニティに属する人間の意見を尊重し、排他的な思想に偏る内集団偏向のことを指す。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 813437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1559 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58192405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 縁故主義(えんこしゅぎ)またはネポティズム(Nepotism)とは、親族や地縁・血縁などの縁を持つ縁故者を重用する思考。権力者は縁故者を自らの側近や部下として配することで知られる。社会学の分野においては、同族・同郷者に限らず同じコミュニティに属する人間の意見を尊重し、排他的な思想に偏る内集団偏向のことを指す。
rdfs:label
  • 縁故主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of