Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 練習機(れんしゅうき)とは、操縦士の育成を目的とした訓練用航空機のことである。1920年代頃から専用の練習機が開発されるようになり、航空機の高性能化が進むと訓練が必要な要素も増えたため多彩な機種が開発された。それに伴い訓練期間も伸びたため(戦闘機パイロットの場合、第一次世界大戦時は数ヶ月程度で済んだが、現代では飛行訓練だけでも3~4年は必要とする)、練習機を運用する飛行学校や訓練部隊は軍隊や航空会社には欠かせない存在となっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 158301 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4761 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59187494 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 練習機(れんしゅうき)とは、操縦士の育成を目的とした訓練用航空機のことである。1920年代頃から専用の練習機が開発されるようになり、航空機の高性能化が進むと訓練が必要な要素も増えたため多彩な機種が開発された。それに伴い訓練期間も伸びたため(戦闘機パイロットの場合、第一次世界大戦時は数ヶ月程度で済んだが、現代では飛行訓練だけでも3~4年は必要とする)、練習機を運用する飛行学校や訓練部隊は軍隊や航空会社には欠かせない存在となっている。
rdfs:label
  • 練習機
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:type of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:分類 of
is prop-ja:用途 of
is foaf:primaryTopic of