Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ピアノのための12の練習曲(ピアノのためのじゅうにのれんしゅうきょく、フランス語: Douze Études pour piano)または単に12の練習曲(じゅうにのれんしゅうきょく、フランス語: Douze Études pour piano)は、クロード・ドビュッシーの最晩年のピアノ曲。1915年の8月から9月に作曲され、「ショパンの追憶に À la mémoire de Chopin 」献呈された。1916年12月14日に、パリでワルター・ルンメルによって初演された。出版譜は第1部と第2部に分けられ、それぞれ6曲ずつで構成されている。作曲家のジャン・バラケは、第1部は「指の柔軟性とメカニズム」に、第2部は「響きとリズムの探究」に振り当てられていると註釈した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 858438 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47759106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cname
  • 練習曲
prop-ja:id
  • Etudes_
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ピアノのための12の練習曲(ピアノのためのじゅうにのれんしゅうきょく、フランス語: Douze Études pour piano)または単に12の練習曲(じゅうにのれんしゅうきょく、フランス語: Douze Études pour piano)は、クロード・ドビュッシーの最晩年のピアノ曲。1915年の8月から9月に作曲され、「ショパンの追憶に À la mémoire de Chopin 」献呈された。1916年12月14日に、パリでワルター・ルンメルによって初演された。出版譜は第1部と第2部に分けられ、それぞれ6曲ずつで構成されている。作曲家のジャン・バラケは、第1部は「指の柔軟性とメカニズム」に、第2部は「響きとリズムの探究」に振り当てられていると註釈した。
rdfs:label
  • 練習曲 (ドビュッシー)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of