Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 総合雑誌(そうごうざっし)とは、政治・経済・社会・文化全般についての評論などを掲載する雑誌。いわゆる『論壇』を構成する雑誌として扱われてきた事情もあり、オピニオン誌もふくめてこの範囲にいれることが多い。総合雑誌が意味を持ち始めたのは、1920年代である。このころ、既存の『中央公論』とそれに対抗する形で創刊された『改造』が、論壇のみならず文壇の形成にも大きく寄与し、日本のオピニオンリーダーとしての発信舞台となった。当初は文芸雑誌として出発した『文藝春秋』や、後発の『日本評論』(当初の誌名は『経済往来』)も、1930年代には重要な雑誌に成長した。『出版年鑑』では、1934年版から、『改造』『中央公論』『文藝春秋』『経済往来』の4誌を、〈総合雑誌〉のくくりにいれて叙述し始めた。戦後もその傾向はつづき、『改造』『日本評論』は撤退したが、戦後創刊された『世界』や『展望』があらたに加わり、世論形成において大きな役割を果たし、「知識人」のみならず学生などの若者たちにも広く読まれていたが、1970年頃を境に次第に若者の総合誌離れが進んだ。また、掲載される文学作品も、時代小説などのエンターテインメント系の作品が主となり、有力な作品は文芸雑誌に掲載されるようになったことも、衰退に拍車を掛けた。また、『正論』『諸君!』などのいわゆるオピニオン誌が独立して刊行されるようになったことも、総合雑誌の意味を薄める方向に働いた。発行部数の減少による採算割れにも関わらず前述の雑誌を始めとして、幾つもの雑誌が存続しており、少ない発行部数から影響力は限定されるが、市場の論理を超えた「言論の場」を形成している。ただ、21世紀になって、『現代』、『論座』、『諸君!』などの休刊がつづき、今後を危ぶむ意見もうまれている。この種の総合雑誌は、実売部数5~6万部が採算ラインとされ、『論座』は実売1万部以下の時もあり、『現代』も実売4万部を切ることがあり、採算ラインを大きく下回っていたという。なお、週刊誌のなかにも、総合的な内容を扱うものも存在しているが、それは、〈総合週刊誌〉というわくに分類され、ここでいう〈総合雑誌〉には含めないのが、通例である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 639272 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1501 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57479684 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 総合雑誌(そうごうざっし)とは、政治・経済・社会・文化全般についての評論などを掲載する雑誌。いわゆる『論壇』を構成する雑誌として扱われてきた事情もあり、オピニオン誌もふくめてこの範囲にいれることが多い。総合雑誌が意味を持ち始めたのは、1920年代である。このころ、既存の『中央公論』とそれに対抗する形で創刊された『改造』が、論壇のみならず文壇の形成にも大きく寄与し、日本のオピニオンリーダーとしての発信舞台となった。当初は文芸雑誌として出発した『文藝春秋』や、後発の『日本評論』(当初の誌名は『経済往来』)も、1930年代には重要な雑誌に成長した。『出版年鑑』では、1934年版から、『改造』『中央公論』『文藝春秋』『経済往来』の4誌を、〈総合雑誌〉のくくりにいれて叙述し始めた。戦後もその傾向はつづき、『改造』『日本評論』は撤退したが、戦後創刊された『世界』や『展望』があらたに加わり、世論形成において大きな役割を果たし、「知識人」のみならず学生などの若者たちにも広く読まれていたが、1970年頃を境に次第に若者の総合誌離れが進んだ。また、掲載される文学作品も、時代小説などのエンターテインメント系の作品が主となり、有力な作品は文芸雑誌に掲載されるようになったことも、衰退に拍車を掛けた。また、『正論』『諸君!』などのいわゆるオピニオン誌が独立して刊行されるようになったことも、総合雑誌の意味を薄める方向に働いた。発行部数の減少による採算割れにも関わらず前述の雑誌を始めとして、幾つもの雑誌が存続しており、少ない発行部数から影響力は限定されるが、市場の論理を超えた「言論の場」を形成している。ただ、21世紀になって、『現代』、『論座』、『諸君!』などの休刊がつづき、今後を危ぶむ意見もうまれている。この種の総合雑誌は、実売部数5~6万部が採算ラインとされ、『論座』は実売1万部以下の時もあり、『現代』も実売4万部を切ることがあり、採算ラインを大きく下回っていたという。なお、週刊誌のなかにも、総合的な内容を扱うものも存在しているが、それは、〈総合週刊誌〉というわくに分類され、ここでいう〈総合雑誌〉には含めないのが、通例である。
rdfs:label
  • 総合雑誌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ジャンル of
is foaf:primaryTopic of