Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 総合判断(そうごうはんだん)とはイマヌエル・カントの哲学において用いられている言葉。物体を主語のみで判断することに加えて、述語も加えた上で判断することを言う。ここで言われている述語というのは、物体の名称のみでは判断されていない事柄であることから、総合判断となった場合では拡張された形で判断されたということになる。例えば物体という主語に重いという述語が加えられたということで、物体は重いと判断されたという形式にである。数学の答えとなるような判断もここでは総合判断であるが、これは更にアプリオリである判断でもあることから先天的総合判断と言われる。主語のみで既に含まれている事柄を述語で加えるという判断は分析判断と言われる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2984584 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 668 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51638736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 総合判断(そうごうはんだん)とはイマヌエル・カントの哲学において用いられている言葉。物体を主語のみで判断することに加えて、述語も加えた上で判断することを言う。ここで言われている述語というのは、物体の名称のみでは判断されていない事柄であることから、総合判断となった場合では拡張された形で判断されたということになる。例えば物体という主語に重いという述語が加えられたということで、物体は重いと判断されたという形式にである。数学の答えとなるような判断もここでは総合判断であるが、これは更にアプリオリである判断でもあることから先天的総合判断と言われる。主語のみで既に含まれている事柄を述語で加えるという判断は分析判断と言われる。
rdfs:label
  • 総合判断
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of