Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 綿貫 民輔(わたぬき たみすけ、1927年4月30日 - )は、日本の実業家、政治家である。慶應義塾評議員。勲章は桐花大綬章。衆議院議長(第70代)、自由民主党幹事長(第28代)、建設大臣(第55代)、国土庁長官(第15代)、北海道開発庁長官(第49代)、沖縄開発庁長官(第18代)、国民新党代表(初代)、衆議院議員(13期)、富山県議会議員(2期)等を歴任した。日本バドミントン協会会長。父・綿貫佐民も衆議院議員を務めた。
dbpedia-owl:activeYearsEndDate
  • 1929-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartDate
  • 1929-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthDate
  • 1927-04-30 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:region
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 235896 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 375 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58661012 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1980 (xsd:integer)
  • 1982 (xsd:integer)
  • 初代:2005年 - 2009年
  • 第15代:1986年 - 1987年
  • 第18代:1986年 - 1987年
  • 第28代:1991年 - 1992年
  • 第42代:1986年
  • 第49代:1986年 - 1987年
  • 第4代:1998年 - 2000年
  • 第55代:1990年
  • 第70代:2000年 - 2003年
prop-ja:その他職歴
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:世襲の有無
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:人名
  • 綿貫 民輔
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 富山県南砺市
prop-ja:出身校
  • 慶應義塾大学経済学部
prop-ja:前職
prop-ja:各国語表記
  • わたぬき たみすけ
prop-ja:国旗
  • JPN
prop-ja:就任日
  • 1959 (xsd:integer)
  • --02-28
  • --07-04
  • --07-22
  • --08-17
  • --12-29
prop-ja:当選回数
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:所属政党
prop-ja:生年月日
  • 1927-04-30 (xsd:date)
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:職名
  • dbpedia-ja:衆議院議員
  • 初代 国民新党代表
  • 第15代 国土庁長官
  • 第18代 沖縄開発庁長官
  • 第49代 北海道開発庁長官
  • 第55代 建設大臣
  • 第70代 衆議院議長
prop-ja:親族(政治家)_
  • 長男・綿貫勝介(トナミ運輸代表取締役社長)
  • 父・綿貫佐民
prop-ja:退任日
  • 1967 (xsd:integer)
  • --07-21
  • --08-31
  • --10-10
  • --11-06
  • --12-29
prop-ja:退任理由
prop-ja:選挙区
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 綿貫 民輔(わたぬき たみすけ、1927年4月30日 - )は、日本の実業家、政治家である。慶應義塾評議員。勲章は桐花大綬章。衆議院議長(第70代)、自由民主党幹事長(第28代)、建設大臣(第55代)、国土庁長官(第15代)、北海道開発庁長官(第49代)、沖縄開発庁長官(第18代)、国民新党代表(初代)、衆議院議員(13期)、富山県議会議員(2期)等を歴任した。日本バドミントン協会会長。父・綿貫佐民も衆議院議員を務めた。
rdfs:label
  • 綿貫民輔
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 綿貫 民輔
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:主要人物 of
is prop-ja:当選者名 of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is prop-ja:責任者 of
is prop-ja:関係する人物 of
is foaf:primaryTopic of