Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『続拾遺和歌集』(しょくしゅういわかしゅう)は、建治2年(1276年)、亀山上皇の命によって編纂された12番目の勅撰和歌集。20巻。撰者は二条為氏。歌人は後嵯峨上皇、藤原為家、藤原定家、西園寺実氏、藤原俊成、藤原信実などで、約1500首を収める。序がなく、また武士の歌も収録されているという。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 820720 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47311355 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『続拾遺和歌集』(しょくしゅういわかしゅう)は、建治2年(1276年)、亀山上皇の命によって編纂された12番目の勅撰和歌集。20巻。撰者は二条為氏。歌人は後嵯峨上皇、藤原為家、藤原定家、西園寺実氏、藤原俊成、藤原信実などで、約1500首を収める。序がなく、また武士の歌も収録されているという。
rdfs:label
  • 続拾遺和歌集
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of