Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 絶望に効くクスリ(ぜつぼうにきくクスリ)は、週刊ヤングサンデーに連載されていた山田玲司著のドキュメンタリー対談漫画。内容は山田玲司が様々な現場でそれぞれの人生を歩んできた人々を訪ね、その生き様に触れ、“絶望”が先立つ世の中に効く“クスリ”を探して回るストーリーになっている。世の中に絶望している人が生き抜く希望を見出すために、著名人と対談していく作品だが、山田玲司自身もスゴイ人に会うことで、救われることを望んでいる。実際、山田自身が鬱にかかっている場面から始まる回が多い。連載当初は山田やライター「さとひゅ」などといったレギュラーキャラは大きくリアルに書かれていたが、次第に小さく簡易的な絵が多くなる。2010年から2012年9月まで、FLASHにて続編の「絶望に効く薬 敗者復活編」を連載。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 396146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5380 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56262443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 絶望に効くクスリ(ぜつぼうにきくクスリ)は、週刊ヤングサンデーに連載されていた山田玲司著のドキュメンタリー対談漫画。内容は山田玲司が様々な現場でそれぞれの人生を歩んできた人々を訪ね、その生き様に触れ、“絶望”が先立つ世の中に効く“クスリ”を探して回るストーリーになっている。世の中に絶望している人が生き抜く希望を見出すために、著名人と対談していく作品だが、山田玲司自身もスゴイ人に会うことで、救われることを望んでいる。実際、山田自身が鬱にかかっている場面から始まる回が多い。連載当初は山田やライター「さとひゅ」などといったレギュラーキャラは大きくリアルに書かれていたが、次第に小さく簡易的な絵が多くなる。2010年から2012年9月まで、FLASHにて続編の「絶望に効く薬 敗者復活編」を連載。
rdfs:label
  • 絶望に効くクスリ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of