Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 統領政府(とうりょうせいふ、フランス語: Consulat、執政政府とも)は、ブリュメール18日のクーデターで総裁政府が倒された1799年から第一帝政が成立した1804年までのフランスの政府である。ひいては、フランス史における当該時代を指して統領政府期(執政政府期)ともいう。この間、第一統領(第一執政)ナポレオン・ボナパルトは、自らを国家元首と宣言こそしなかったものの、共和政フランスの首脳としての地位を固め、同国政治の保守化・権威主義化・専制化・中央集権化を進めた。もっとも、この間に後世に残る諸制度が確立されたことから、歴史家のRobert B. Holtmanは当時を「全フランス史における最も重要な時代の一つ」と評している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 648724 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12837 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56927564 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:agencyName
  • 統領政府(執政政府)
prop-ja:dissolved
  • --05-18
prop-ja:formed
  • --11-10
prop-ja:jurisdiction
prop-ja:nativename
  • Consulat
prop-ja:picture
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:pictureCaption
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:pictureWidth
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:preceding
prop-ja:superseding
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 統領政府(とうりょうせいふ、フランス語: Consulat、執政政府とも)は、ブリュメール18日のクーデターで総裁政府が倒された1799年から第一帝政が成立した1804年までのフランスの政府である。ひいては、フランス史における当該時代を指して統領政府期(執政政府期)ともいう。この間、第一統領(第一執政)ナポレオン・ボナパルトは、自らを国家元首と宣言こそしなかったものの、共和政フランスの首脳としての地位を固め、同国政治の保守化・権威主義化・専制化・中央集権化を進めた。もっとも、この間に後世に残る諸制度が確立されたことから、歴史家のRobert B. Holtmanは当時を「全フランス史における最も重要な時代の一つ」と評している。
rdfs:label
  • 統領政府
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:superseding of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja:内閣 of
is foaf:primaryTopic of