Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 絞り(しぼり) 絞ること。後述。 絞り染め (shibori, tie-dye) - 布を染色するときに、その一部を縛って模様を出す技法。 絞り (光学) (diaphragm) - 光学系において、一部の光だけを通すために孔をあけた、光を吸収する板状のもの。 絞り加工 - 板金加工のひとつで、一枚の金属の板に圧力を加え、絞り込み(圧縮し)凹状に加工し容器形状にすることである。絞り(しぼり)ないし絞る(しぼる)および搾る(しぼる)とは、固体の物品に圧力を加え、内部の液体ないし気体などの流体を取り出す加工方法のことである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 293179 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1635 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 44212221 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 絞り(しぼり) 絞ること。後述。 絞り染め (shibori, tie-dye) - 布を染色するときに、その一部を縛って模様を出す技法。 絞り (光学) (diaphragm) - 光学系において、一部の光だけを通すために孔をあけた、光を吸収する板状のもの。 絞り加工 - 板金加工のひとつで、一枚の金属の板に圧力を加え、絞り込み(圧縮し)凹状に加工し容器形状にすることである。絞り(しぼり)ないし絞る(しぼる)および搾る(しぼる)とは、固体の物品に圧力を加え、内部の液体ないし気体などの流体を取り出す加工方法のことである。
rdfs:label
  • 絞り
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of