Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 結合強さ(Bond strength)とは、ある原子が他の原子と化学結合し、その原子の原子価に寄与する度合である。結合強さは、結合次数と密接に関連しており、結合エネルギーや結合解離エネルギーの値から定量化できる。結合強さを定量化するもう一つの基準は、結合エネルギーと、結合の原子軌道の重なりの間の量的関係である。この重なりが大きいほど、核の間に見られる結合電子が多くなり、結合がより強くなる。原子軌道の重なりは、分子軌道の形成に必須である。この重なりは計算可能であり、重なり積分と呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3050364 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52769052 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 結合強さ(Bond strength)とは、ある原子が他の原子と化学結合し、その原子の原子価に寄与する度合である。結合強さは、結合次数と密接に関連しており、結合エネルギーや結合解離エネルギーの値から定量化できる。結合強さを定量化するもう一つの基準は、結合エネルギーと、結合の原子軌道の重なりの間の量的関係である。この重なりが大きいほど、核の間に見られる結合電子が多くなり、結合がより強くなる。原子軌道の重なりは、分子軌道の形成に必須である。この重なりは計算可能であり、重なり積分と呼ばれる。
rdfs:label
  • 結合強さ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of