Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 経済的自由主義(けいざいてきじゆうしゅぎ、Economic liberalism)とは、経済領域における個人主義のイデオロギー的信条であり、経済における意思決定は最大限個人にゆだねるべきであり、組織集団によってなされるべきではないとするもの。これには様々な経済政策が含まれるが、共通するのは市場経済制度と生産手段の私有を強く支持することである。経済的自由主義では、政府による規制はある程度支持するが、政府が自由市場における自由取引と自由競争をさまたげる介入には反対する事が多い。しかし私有独占を排除する政府介入には肯定的であり、それは特定の人々(多くは貧困)の意思決定力を束縛することになることと考えているからである。経済的自由主義は、それが他人の自由を侵すものでない限り、個人が自ら自身の金銭により選択する事をとても重要視する。経済的自由主義では、計画経済を市場システムを置き換えるものではないと否定し、また一般的には混合経済も否定する。よって、社会主義・市場社会主義・社会市場経済・重商主義・国家資本主義などのような社会自由主義とは明確に異なるイデオロギーである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2716753 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2022 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56487883 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 経済的自由主義(けいざいてきじゆうしゅぎ、Economic liberalism)とは、経済領域における個人主義のイデオロギー的信条であり、経済における意思決定は最大限個人にゆだねるべきであり、組織集団によってなされるべきではないとするもの。これには様々な経済政策が含まれるが、共通するのは市場経済制度と生産手段の私有を強く支持することである。経済的自由主義では、政府による規制はある程度支持するが、政府が自由市場における自由取引と自由競争をさまたげる介入には反対する事が多い。しかし私有独占を排除する政府介入には肯定的であり、それは特定の人々(多くは貧困)の意思決定力を束縛することになることと考えているからである。経済的自由主義は、それが他人の自由を侵すものでない限り、個人が自ら自身の金銭により選択する事をとても重要視する。経済的自由主義では、計画経済を市場システムを置き換えるものではないと否定し、また一般的には混合経済も否定する。よって、社会主義・市場社会主義・社会市場経済・重商主義・国家資本主義などのような社会自由主義とは明確に異なるイデオロギーである。
rdfs:label
  • 経済的自由主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:ideology of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ideology of
is prop-ja:政治的思想・立場 of
is foaf:primaryTopic of