Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 紺屋高尾(こうやたかお)は、古典落語、浪曲の演目の一つである。数多く日本の時代劇映画の題材となった。花魁の最高位である高尾太夫と、一介の紺屋の職人との純愛をテーマに据えた名品。モデルとなったのは、五代目の高尾-通称『紺屋高尾』『駄染高尾』-にまつわるエピソードで、この高尾の記録から舞台は宝永年間から正徳年間に掛けての江戸であることが推測することができる。主な演者は、落語家で4代目柳亭左楽、6代目三遊亭圓生、7代目立川談志、立川志の輔など、浪曲師では篠田実が得意とした。最近では、芸人でラジオパーソナリティーの日高悟郎が演じた事でも知られている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1237808 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5199 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59021241 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 紺屋高尾(こうやたかお)は、古典落語、浪曲の演目の一つである。数多く日本の時代劇映画の題材となった。花魁の最高位である高尾太夫と、一介の紺屋の職人との純愛をテーマに据えた名品。モデルとなったのは、五代目の高尾-通称『紺屋高尾』『駄染高尾』-にまつわるエピソードで、この高尾の記録から舞台は宝永年間から正徳年間に掛けての江戸であることが推測することができる。主な演者は、落語家で4代目柳亭左楽、6代目三遊亭圓生、7代目立川談志、立川志の輔など、浪曲師では篠田実が得意とした。最近では、芸人でラジオパーソナリティーの日高悟郎が演じた事でも知られている。
rdfs:label
  • 紺屋高尾
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of