Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 細川 瀏(ほそかわ きよし、1856年10月25日(安政3年9月27日) - 1934年10月1日)は、日本の牧師である。安政3年(1856年)、土佐国高岡郡佐川に生まれた。1869年に一家で高知城下に移住して、土佐藩の官費生として致道館で学ぶ。1871年、廃藩置県により土佐藩が消滅すると、高知県により設立された英学校で学ぶ。1872年、慶応義塾で学ぶ。一時故郷に帰っているが1874年に復学し、1876年に卒業する。卒業後、愛媛県宇和島南予中学の校長になる。1877年には校長を辞任して高知へ戻り、板垣退助と共に立志社に加わり、自由民権運動に関わる。1877年には東京日日新聞社に入社して、福地源一郎の門下になる。1880年河野敏鎌の知遇により、文部省の御用係になる。1883年に自由党大会に参加した時、先にクリスチャンになっていた母親から入信を勧められ、1885年3月10日に長老派の芝教会でノックス宣教師より洗礼を受ける。1885年には洗礼を受けて直ぐに、東京一致神学校で学ぶ。1887年神学校卒業後に、浪華中会で伝道師の准允を受ける。1892年按手礼を受けて牧師に任職される。1893年名古屋教会の牧師になり、1895年台湾の教会に赴任する。1896年より横浜海岸教会の2代目牧師になる。1901年に市ヶ谷教会に転任する。その後、台湾で牧会をして、1931年に引退する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2790484 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57141784 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 細川 瀏(ほそかわ きよし、1856年10月25日(安政3年9月27日) - 1934年10月1日)は、日本の牧師である。安政3年(1856年)、土佐国高岡郡佐川に生まれた。1869年に一家で高知城下に移住して、土佐藩の官費生として致道館で学ぶ。1871年、廃藩置県により土佐藩が消滅すると、高知県により設立された英学校で学ぶ。1872年、慶応義塾で学ぶ。一時故郷に帰っているが1874年に復学し、1876年に卒業する。卒業後、愛媛県宇和島南予中学の校長になる。1877年には校長を辞任して高知へ戻り、板垣退助と共に立志社に加わり、自由民権運動に関わる。1877年には東京日日新聞社に入社して、福地源一郎の門下になる。1880年河野敏鎌の知遇により、文部省の御用係になる。1883年に自由党大会に参加した時、先にクリスチャンになっていた母親から入信を勧められ、1885年3月10日に長老派の芝教会でノックス宣教師より洗礼を受ける。1885年には洗礼を受けて直ぐに、東京一致神学校で学ぶ。1887年神学校卒業後に、浪華中会で伝道師の准允を受ける。1892年按手礼を受けて牧師に任職される。1893年名古屋教会の牧師になり、1895年台湾の教会に赴任する。1896年より横浜海岸教会の2代目牧師になる。1901年に市ヶ谷教会に転任する。その後、台湾で牧会をして、1931年に引退する。
rdfs:label
  • 細川瀏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of