Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 紫綬褒章(しじゅほうしょう)は、日本の褒章の一つ。「日本国天皇」の名で授与される。褒章条例(明治14年太政官布告第63号)の改正により、1955年(昭和30年)1月23日に制定された(昭和30年政令第7号)。同条例1条は、紫綬褒章を「学術芸術上ノ発明改良創作ニ関シ事績著明ナル者ニ賜フモノトス」と定めている。2002年(平成14年)の栄典改革により、「紫綬褒章については、年齢制限を撤廃し、科学技術分野における発明・発見や、学術及びスポーツ・芸術分野における優れた業績等に対して、速やかに表彰する。」とされ、従来50歳以上とされていた年齢制限が撤廃されている。例年、春(4月29日)と秋(11月3日)の2回発令され、学術、芸術、スポーツ分野の功労者に授与される。「勲章、記章、褒章等の授与及び伝達式例」(昭和38年7月12日閣議決定)4条は、褒章について、「内閣総理大臣の命を受け、内閣府賞勲局長が所管大臣に伝達し、所管大臣が適宜受章者に伝達する。」と定める。通例、紫綬褒章の伝達式は、東京都内のホテルなどで行なわれる。また受章者は、伝達式にあわせて、皇居で天皇に拝謁する。紫綬褒章の受章者には、紫色の綬(リボン)が付されたメダルと、受章の理由・受章日などが書かれた天皇名の褒状、略綬が授与される。褒章をもって表彰されるべき者が団体であるときは、褒状が授与される(褒章条例2条)。団体に対して紫綬褒章と同様の理由で授与された例としては、2006年(平成18年)のワールド・ベースボール・クラシック第1回大会で優勝した日本代表チーム(王貞治監督)が初めてである。すでに褒章を授与された者が、2度以上、同様の理由で褒章を授与されるときは、その都度、飾版(しょくはん、金属の板)を授与し、その褒章の綬に付加して標識とする(褒章条例3条1項)。また、この飾版(銀色)が5個以上に達したときは、5個ごとに別種の飾版(金色)と引き替えて授与される(同条2項)。褒章の授与に回数の制限はない。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 123864 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 40365 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58854521 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 紫綬褒章(しじゅほうしょう)は、日本の褒章の一つ。「日本国天皇」の名で授与される。褒章条例(明治14年太政官布告第63号)の改正により、1955年(昭和30年)1月23日に制定された(昭和30年政令第7号)。同条例1条は、紫綬褒章を「学術芸術上ノ発明改良創作ニ関シ事績著明ナル者ニ賜フモノトス」と定めている。2002年(平成14年)の栄典改革により、「紫綬褒章については、年齢制限を撤廃し、科学技術分野における発明・発見や、学術及びスポーツ・芸術分野における優れた業績等に対して、速やかに表彰する。」とされ、従来50歳以上とされていた年齢制限が撤廃されている。例年、春(4月29日)と秋(11月3日)の2回発令され、学術、芸術、スポーツ分野の功労者に授与される。「勲章、記章、褒章等の授与及び伝達式例」(昭和38年7月12日閣議決定)4条は、褒章について、「内閣総理大臣の命を受け、内閣府賞勲局長が所管大臣に伝達し、所管大臣が適宜受章者に伝達する。」と定める。通例、紫綬褒章の伝達式は、東京都内のホテルなどで行なわれる。また受章者は、伝達式にあわせて、皇居で天皇に拝謁する。紫綬褒章の受章者には、紫色の綬(リボン)が付されたメダルと、受章の理由・受章日などが書かれた天皇名の褒状、略綬が授与される。褒章をもって表彰されるべき者が団体であるときは、褒状が授与される(褒章条例2条)。団体に対して紫綬褒章と同様の理由で授与された例としては、2006年(平成18年)のワールド・ベースボール・クラシック第1回大会で優勝した日本代表チーム(王貞治監督)が初めてである。すでに褒章を授与された者が、2度以上、同様の理由で褒章を授与されるときは、その都度、飾版(しょくはん、金属の板)を授与し、その褒章の綬に付加して標識とする(褒章条例3条1項)。また、この飾版(銀色)が5個以上に達したときは、5個ごとに別種の飾版(金色)と引き替えて授与される(同条2項)。褒章の授与に回数の制限はない。
rdfs:label
  • 紫綬褒章
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:academyAward of
is dbpedia-owl:afiAward of
is dbpedia-owl:americanComedyAward of
is dbpedia-owl:award of
is dbpedia-owl:baftaAward of
is dbpedia-owl:britishComedyAwards of
is dbpedia-owl:cesarAward of
is dbpedia-owl:emmyAward of
is dbpedia-owl:filmFareAward of
is dbpedia-owl:goldenGlobeAward of
is dbpedia-owl:goyaAward of
is dbpedia-owl:grammyAward of
is dbpedia-owl:olivierAward of
is dbpedia-owl:peabodyAward of
is dbpedia-owl:tonyAward of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:awards of
is prop-ja:prizes of
is prop-ja:その他 of
is prop-ja:その他の賞 of
is prop-ja:主な受賞歴 of
is prop-ja:備考 of
is prop-ja:受賞 of
is prop-ja:受賞歴 of
is prop-ja:称号 of
is prop-ja:著名な実績 of
is foaf:primaryTopic of