Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 紫溟吟社(しめいぎんしゃ)は、明治時代に熊本県熊本市を拠点に活動した俳句結社。1898年(明治31年)10月に、当時正岡子規、高浜虚子らと共に有力な俳人の一人で、第五高等学校教授を務めていた夏目漱石を主宰として、五高の学生であった寺田寅彦、蒲生紫川、厨川千江、早川草江らと校外の有志である池松迂巷らが熊本で興した新派俳句会であった。九州・熊本の俳壇に影響を与え、多くの俳人が輩出した。なお社名の「紫溟」は、有明海のことを指す。漱石がイギリス留学のため熊本を去り、また五高生が進学などで熊本を離れた後、しばらくは五高外の同人である池松、渋川玄耳、広瀬楚雨、川瀬六走らによって支えられた。同社の機関誌『銀杏』(いちょう)は渋川らが中心となって発行されたが、1902年(明治35年)の第11号をもって休刊した。同人が進学などで各地へ散り散りになったり、戦地へ赴いたりした結果、次第に会の活動も停止へ向かった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3043595 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52649810 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 紫溟吟社(しめいぎんしゃ)は、明治時代に熊本県熊本市を拠点に活動した俳句結社。1898年(明治31年)10月に、当時正岡子規、高浜虚子らと共に有力な俳人の一人で、第五高等学校教授を務めていた夏目漱石を主宰として、五高の学生であった寺田寅彦、蒲生紫川、厨川千江、早川草江らと校外の有志である池松迂巷らが熊本で興した新派俳句会であった。九州・熊本の俳壇に影響を与え、多くの俳人が輩出した。なお社名の「紫溟」は、有明海のことを指す。漱石がイギリス留学のため熊本を去り、また五高生が進学などで熊本を離れた後、しばらくは五高外の同人である池松、渋川玄耳、広瀬楚雨、川瀬六走らによって支えられた。同社の機関誌『銀杏』(いちょう)は渋川らが中心となって発行されたが、1902年(明治35年)の第11号をもって休刊した。同人が進学などで各地へ散り散りになったり、戦地へ赴いたりした結果、次第に会の活動も停止へ向かった。
rdfs:label
  • 紫溟吟社
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of