Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 素股(すまた)は、主に男性器を女性もしくは同性愛者の股にはさみ、圧迫・摩擦する性行為である。いわゆる正常位の体勢で互いの性器が密着する場合がほとんどであるが、挿入行為が存在しないため、そのものだけであるという意味の「素」に擦る部位の「股」が合成されてできた俗語である。女性が生理中などの場合、フェラチオや手コキなどで射精に至る場合が多いが、最近では挿入に近い感覚を得ることが可能な素股が多用されるようになった。このように、陰茎を膣に挿入できない事情がある場合のほか、男女間の愛を確かめ合うペッティング、同性間の性行為においても用いられることがある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 71257 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4846 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58677106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:国際化
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:雑多な内容の箇条書き
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:領域
  • 日本
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 素股(すまた)は、主に男性器を女性もしくは同性愛者の股にはさみ、圧迫・摩擦する性行為である。いわゆる正常位の体勢で互いの性器が密着する場合がほとんどであるが、挿入行為が存在しないため、そのものだけであるという意味の「素」に擦る部位の「股」が合成されてできた俗語である。女性が生理中などの場合、フェラチオや手コキなどで射精に至る場合が多いが、最近では挿入に近い感覚を得ることが可能な素股が多用されるようになった。このように、陰茎を膣に挿入できない事情がある場合のほか、男女間の愛を確かめ合うペッティング、同性間の性行為においても用いられることがある。
rdfs:label
  • 素股
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of