Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 素意(そい、生年不詳 - 嘉保元年(1094年))は、平安時代中期から後期にかけての僧・歌人。俗名は藤原重経または成経。藤原南家を出自とし、越前守・藤原懐尹の子、または、宮内少輔・藤原成尹の子で、権中納言・藤原重尹の養子。女流歌人の祐子内親王家紀伊の夫とされる。官位は従五位下・紀伊守。官職が紀伊守であったことから紀伊入道とも称される。「六条斎院歌合」などに参加。1064年(康平7年)に出家し、1071年(延久3年)大和国多武峰に移っている。1083年(永保3年)には和泉国に寂静寺を開いている。なお「多武峰往生院歌合」の判者も務めている。『後拾遺和歌集』に7首、『千載和歌集』に1首が入集している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 401823 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 664 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57387378 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 素意(そい、生年不詳 - 嘉保元年(1094年))は、平安時代中期から後期にかけての僧・歌人。俗名は藤原重経または成経。藤原南家を出自とし、越前守・藤原懐尹の子、または、宮内少輔・藤原成尹の子で、権中納言・藤原重尹の養子。女流歌人の祐子内親王家紀伊の夫とされる。官位は従五位下・紀伊守。官職が紀伊守であったことから紀伊入道とも称される。「六条斎院歌合」などに参加。1064年(康平7年)に出家し、1071年(延久3年)大和国多武峰に移っている。1083年(永保3年)には和泉国に寂静寺を開いている。なお「多武峰往生院歌合」の判者も務めている。『後拾遺和歌集』に7首、『千載和歌集』に1首が入集している。
rdfs:label
  • 素意
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of