Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 紙粘土(かみねんど)とは、細かく裁断された紙に糊などを加えて粘土状にしたもの。明確な定義が存在せず、主成分は樹脂粘土と大差ないが原材料にパルプを含むため紙粘土と分類されているものや、粘土分を含むものもある。近年は製造技術の進歩により、非常に軟らかく軽量のものや、液状のチューブ入りのものなども開発されている。非常に軽く、乾くと固形化する。また、水彩絵の具によって彩色でき、その造形の容易さから幼児の遊び道具や工作材料として、また小、中学校での図工、美術教材などに用いられる。一般的に初等教育での工作材料のイメージが強いが、原材料も安く安価で販売されるため、文房具店などの専門店の他にも、ホームセンターや100円ショップなどのディスカウントストアでも販売され、愛好家により大人向けの関連図書も多数出版されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 698830 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 953 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57338707 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 紙粘土(かみねんど)とは、細かく裁断された紙に糊などを加えて粘土状にしたもの。明確な定義が存在せず、主成分は樹脂粘土と大差ないが原材料にパルプを含むため紙粘土と分類されているものや、粘土分を含むものもある。近年は製造技術の進歩により、非常に軟らかく軽量のものや、液状のチューブ入りのものなども開発されている。非常に軽く、乾くと固形化する。また、水彩絵の具によって彩色でき、その造形の容易さから幼児の遊び道具や工作材料として、また小、中学校での図工、美術教材などに用いられる。一般的に初等教育での工作材料のイメージが強いが、原材料も安く安価で販売されるため、文房具店などの専門店の他にも、ホームセンターや100円ショップなどのディスカウントストアでも販売され、愛好家により大人向けの関連図書も多数出版されている。
rdfs:label
  • 紙粘土
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of