Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 紅茶(こうちゃ、black tea)とは、摘み取った茶の葉と芽を萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。もしくはそれをポットに入れ、沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料のこと。なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵である。ヨーロッパで多く飲用されなおかつ世界で最も紅茶を飲むのはイギリス人で、朝昼晩の食事だけでなく、起床時、午前午後の休憩にもお茶を楽しむ。このため、茶器、洋菓子なども発達し、洗練された。なお紅茶の文化は18世紀にアイルランドに伝わり、2008年現在国民一人当たりの消費量ではアイルランドがイギリスを抜いて世界一となっている。紅茶の語源はその抽出液の水色(すいしょく)から、また、英語のblack teaはその茶葉の色に由来する。茶およびteaの語源は茶の項参照。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 17850 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59130408 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:betacaroteneUg
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:calciumMg
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:carbs
  • 0.1
prop-ja:copperMg
  • 0.010000 (xsd:double)
prop-ja:fat
  • g
prop-ja:fiber
  • 0.0
prop-ja:folateUg
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:ironMg
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:kj
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:magnesiumMg
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:manganeseMg
  • 0.220000 (xsd:double)
prop-ja:monofat
  • 0.0
prop-ja:name
  • 紅茶(浸出液)
prop-ja:niacinMg
  • 0.100000 (xsd:double)
prop-ja:opt1n
prop-ja:opt1v
  • 30.0
prop-ja:opt2n
prop-ja:opt2v
  • 10.0
prop-ja:pantothenicMg
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:phosphorusMg
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:polyfat
  • 0.0
prop-ja:potassiumMg
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:protein
  • 0.1
prop-ja:riboflavinMg
  • 0.010000 (xsd:double)
prop-ja:right
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:satfat
  • 0.0
prop-ja:sodiumMg
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:thiaminMg
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:vitb6Mg
  • 0.010000 (xsd:double)
prop-ja:vitcMg
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:viteMg
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:vitkUg
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:water
  • 99.7
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zincMg
  • 0 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 紅茶(こうちゃ、black tea)とは、摘み取った茶の葉と芽を萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。もしくはそれをポットに入れ、沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料のこと。なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵である。ヨーロッパで多く飲用されなおかつ世界で最も紅茶を飲むのはイギリス人で、朝昼晩の食事だけでなく、起床時、午前午後の休憩にもお茶を楽しむ。このため、茶器、洋菓子なども発達し、洗練された。なお紅茶の文化は18世紀にアイルランドに伝わり、2008年現在国民一人当たりの消費量ではアイルランドがイギリスを抜いて世界一となっている。紅茶の語源はその抽出液の水色(すいしょく)から、また、英語のblack teaはその茶葉の色に由来する。茶およびteaの語源は茶の項参照。
rdfs:label
  • 紅茶
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mainIngredient of
is prop-ja:teaType of
is prop-ja:type of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of