紅山文化(こうさんぶんか、拼音:Hóngshān Wénhuà)は、中国河北省北部から内モンゴル自治区東南部、遼寧省西部に紀元前4700年頃-紀元前2900年頃)に存在した新石器時代の文化。 万里の長城より北方、燕山山脈の北から遼河支流の西遼河上流付近にかけて広がり、農業を主とした文化で、竜などをかたどったヒスイなどの玉から、現在の中国につながる文化や宗教の存在の可能性が考えられている。 紅山文化の名は、内モンゴル自治区の赤峰市で発見された紅山後(こうざんご、Hongshanhou)遺跡に由来する。1908年、満蒙調査を行っていた考古学者の鳥居龍蔵が発見し、1935年に濱田耕作(浜田青陵)や水野清一らにより大規模な調査が行われた。戦後各地で発掘が相次ぎ、と細石器に特徴付けられるこの文化は1954年、紅山後にちなんで紅山文化と命名されている。

Property Value
dbo:abstract
  • 紅山文化(こうさんぶんか、拼音:Hóngshān Wénhuà)は、中国河北省北部から内モンゴル自治区東南部、遼寧省西部に紀元前4700年頃-紀元前2900年頃)に存在した新石器時代の文化。 万里の長城より北方、燕山山脈の北から遼河支流の西遼河上流付近にかけて広がり、農業を主とした文化で、竜などをかたどったヒスイなどの玉から、現在の中国につながる文化や宗教の存在の可能性が考えられている。 紅山文化の名は、内モンゴル自治区の赤峰市で発見された紅山後(こうざんご、Hongshanhou)遺跡に由来する。1908年、満蒙調査を行っていた考古学者の鳥居龍蔵が発見し、1935年に濱田耕作(浜田青陵)や水野清一らにより大規模な調査が行われた。戦後各地で発掘が相次ぎ、と細石器に特徴付けられるこの文化は1954年、紅山後にちなんで紅山文化と命名されている。 (ja)
  • 紅山文化(こうさんぶんか、拼音:Hóngshān Wénhuà)は、中国河北省北部から内モンゴル自治区東南部、遼寧省西部に紀元前4700年頃-紀元前2900年頃)に存在した新石器時代の文化。 万里の長城より北方、燕山山脈の北から遼河支流の西遼河上流付近にかけて広がり、農業を主とした文化で、竜などをかたどったヒスイなどの玉から、現在の中国につながる文化や宗教の存在の可能性が考えられている。 紅山文化の名は、内モンゴル自治区の赤峰市で発見された紅山後(こうざんご、Hongshanhou)遺跡に由来する。1908年、満蒙調査を行っていた考古学者の鳥居龍蔵が発見し、1935年に濱田耕作(浜田青陵)や水野清一らにより大規模な調査が行われた。戦後各地で発掘が相次ぎ、と細石器に特徴付けられるこの文化は1954年、紅山後にちなんで紅山文化と命名されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1528174 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8040 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76474901 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20031101172457 (xsd:decimal)
prop-ja:title
  • 紅山文化・富河文化 (ja)
  • 紅山文化・富河文化 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:タイトル
  • 紅山文化 (ja)
  • 紅山文化 (ja)
prop-ja:ピン音
  • Hóngshān Wénhuà (ja)
  • Hóngshān Wénhuà (ja)
prop-ja:日本語
  • こうざん ぶんか (ja)
  • こうざん ぶんか (ja)
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像の説明
  • 玉竜。紅山文化の出土品 (ja)
  • 玉竜。紅山文化の出土品 (ja)
prop-ja:発音
  • ホンシャン ウェンフア (ja)
  • ホンシャン ウェンフア (ja)
prop-ja:簡体字
  • 红山文化 (ja)
  • 红山文化 (ja)
prop-ja:繁体字
  • 紅山文化 (ja)
  • 紅山文化 (ja)
prop-ja:英文
  • Hongshan Culture (ja)
  • Hongshan Culture (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 紅山文化(こうさんぶんか、拼音:Hóngshān Wénhuà)は、中国河北省北部から内モンゴル自治区東南部、遼寧省西部に紀元前4700年頃-紀元前2900年頃)に存在した新石器時代の文化。 万里の長城より北方、燕山山脈の北から遼河支流の西遼河上流付近にかけて広がり、農業を主とした文化で、竜などをかたどったヒスイなどの玉から、現在の中国につながる文化や宗教の存在の可能性が考えられている。 紅山文化の名は、内モンゴル自治区の赤峰市で発見された紅山後(こうざんご、Hongshanhou)遺跡に由来する。1908年、満蒙調査を行っていた考古学者の鳥居龍蔵が発見し、1935年に濱田耕作(浜田青陵)や水野清一らにより大規模な調査が行われた。戦後各地で発掘が相次ぎ、と細石器に特徴付けられるこの文化は1954年、紅山後にちなんで紅山文化と命名されている。 (ja)
  • 紅山文化(こうさんぶんか、拼音:Hóngshān Wénhuà)は、中国河北省北部から内モンゴル自治区東南部、遼寧省西部に紀元前4700年頃-紀元前2900年頃)に存在した新石器時代の文化。 万里の長城より北方、燕山山脈の北から遼河支流の西遼河上流付近にかけて広がり、農業を主とした文化で、竜などをかたどったヒスイなどの玉から、現在の中国につながる文化や宗教の存在の可能性が考えられている。 紅山文化の名は、内モンゴル自治区の赤峰市で発見された紅山後(こうざんご、Hongshanhou)遺跡に由来する。1908年、満蒙調査を行っていた考古学者の鳥居龍蔵が発見し、1935年に濱田耕作(浜田青陵)や水野清一らにより大規模な調査が行われた。戦後各地で発掘が相次ぎ、と細石器に特徴付けられるこの文化は1954年、紅山後にちなんで紅山文化と命名されている。 (ja)
rdfs:label
  • 紅山文化 (ja)
  • 紅山文化 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of