Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 紅嫌い(べにぎらい)とは、江戸時代、天明末期から寛政期に流行した浮世絵の一種。紅色などの派手な色は敢えて使用せず、墨、淡墨、鼠(ねず)を基調として、黄色、藍、紫や緑を僅かに加えた多色刷りを指す。特に、紫を主調としたものを紫絵といった。よって、紫絵は厳密に言えば紅嫌いの一種であるが、一般には両者を同義で用いる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2488516 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1965 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58609171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 紅嫌い(べにぎらい)とは、江戸時代、天明末期から寛政期に流行した浮世絵の一種。紅色などの派手な色は敢えて使用せず、墨、淡墨、鼠(ねず)を基調として、黄色、藍、紫や緑を僅かに加えた多色刷りを指す。特に、紫を主調としたものを紫絵といった。よって、紫絵は厳密に言えば紅嫌いの一種であるが、一般には両者を同義で用いる。
rdfs:label
  • 紅嫌い
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of