Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 紀 静子(き の しずこ、生年不詳 - 貞観8年(866年)2月)は、文徳天皇の更衣。正四位下右兵衛督紀名虎(贈大納言)の娘。従四位下紀有常・紀種子(仁明天皇更衣)の妹、南家藤原敏行母の姉にあたる。三条町(さんじょうのまち)と呼ばれた。文徳天皇の東宮時代に入侍し、第一皇子惟喬親王・第二皇子惟条親王・斎宮恬子内親王・斎院述子内親王・珍子内親王の母となった。嘉祥3年(850年)文徳天皇の即位後、更衣となった。惟喬親王は父天皇に期待されたが、静子が紀氏出身で後ろ盾を持たないため皇太子になれなかった。天安2年(855年)1月正五位下に叙された後、従四位上に昇叙された。貞観8年2月卒去。『古今和歌集』に1首入集(歌番号930)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1580695 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 729 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47558508 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 紀 静子(き の しずこ、生年不詳 - 貞観8年(866年)2月)は、文徳天皇の更衣。正四位下右兵衛督紀名虎(贈大納言)の娘。従四位下紀有常・紀種子(仁明天皇更衣)の妹、南家藤原敏行母の姉にあたる。三条町(さんじょうのまち)と呼ばれた。文徳天皇の東宮時代に入侍し、第一皇子惟喬親王・第二皇子惟条親王・斎宮恬子内親王・斎院述子内親王・珍子内親王の母となった。嘉祥3年(850年)文徳天皇の即位後、更衣となった。惟喬親王は父天皇に期待されたが、静子が紀氏出身で後ろ盾を持たないため皇太子になれなかった。天安2年(855年)1月正五位下に叙された後、従四位上に昇叙された。貞観8年2月卒去。『古今和歌集』に1首入集(歌番号930)。
rdfs:label
  • 紀静子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:更衣 of
is prop-ja:母親 of
is foaf:primaryTopic of