Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 紀 家子(き の いえこ、生没年不詳)は、平安時代後期の女官。鳥羽天皇の宮人。紀氏の出身で、父は石清水八幡宮別当光清。母は覚心(法眼)の女。歌人の小侍従は異母妹。初め待賢門院藤原璋子(鳥羽天皇中宮)の女房で、美濃局と称した。やがて鳥羽天皇に寵愛されて道恵法親王・覚快法親王・阿夜御前の2皇子1皇女の母となった。その後、後宮を退いて中納言源師長の妻になったらしい。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1393465 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 637 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47558460 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 紀 家子(き の いえこ、生没年不詳)は、平安時代後期の女官。鳥羽天皇の宮人。紀氏の出身で、父は石清水八幡宮別当光清。母は覚心(法眼)の女。歌人の小侍従は異母妹。初め待賢門院藤原璋子(鳥羽天皇中宮)の女房で、美濃局と称した。やがて鳥羽天皇に寵愛されて道恵法親王・覚快法親王・阿夜御前の2皇子1皇女の母となった。その後、後宮を退いて中納言源師長の妻になったらしい。
rdfs:label
  • 紀家子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of