糸洲 安恒(いとす あんこう、1831年 - 1915年3月11日)は、沖縄県の唐手(からて、現・空手)家。琉球王国時代から明治にかけて活躍した唐手の大家であり、唐手の「近代化」に着手した最初の人物としても知られる。

Property Value
dbo:abstract
  • 糸洲 安恒(いとす あんこう、1831年 - 1915年3月11日)は、沖縄県の唐手(からて、現・空手)家。琉球王国時代から明治にかけて活躍した唐手の大家であり、唐手の「近代化」に着手した最初の人物としても知られる。 (ja)
  • 糸洲 安恒(いとす あんこう、1831年 - 1915年3月11日)は、沖縄県の唐手(からて、現・空手)家。琉球王国時代から明治にかけて活躍した唐手の大家であり、唐手の「近代化」に着手した最初の人物としても知られる。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 432245 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5706 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79354430 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 糸洲 安恒(いとす あんこう、1831年 - 1915年3月11日)は、沖縄県の唐手(からて、現・空手)家。琉球王国時代から明治にかけて活躍した唐手の大家であり、唐手の「近代化」に着手した最初の人物としても知られる。 (ja)
  • 糸洲 安恒(いとす あんこう、1831年 - 1915年3月11日)は、沖縄県の唐手(からて、現・空手)家。琉球王国時代から明治にかけて活躍した唐手の大家であり、唐手の「近代化」に着手した最初の人物としても知られる。 (ja)
rdfs:label
  • 糸洲安恒 (ja)
  • 糸洲安恒 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of