Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 糖鎖生物学(とうさせいぶつがく)は、グリカンの構造、生合成、生物学的機能を研究し理解するために、生化学及び分子生物学の基礎を組み合わせた、新しい科学的専門分野である。グリカンは生物に欠かせない成分で、自然界に広く存在している。(1)(2)生物学では、高分子はDNA、タンパク質、脂質、グリカンまたは糖質の4つに大きく分類される。グリカン(3)には固有の特徴があり、オリゴマーまたはモノマー、直鎖構造のものや複雑に枝分かれした構造のものなど、分子的に極めて多様な分子である。グリカンのモノマーは異なる種類の結合によって、互いに結合しうる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3101751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3377 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 3 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53846960 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 糖鎖生物学(とうさせいぶつがく)は、グリカンの構造、生合成、生物学的機能を研究し理解するために、生化学及び分子生物学の基礎を組み合わせた、新しい科学的専門分野である。グリカンは生物に欠かせない成分で、自然界に広く存在している。(1)(2)生物学では、高分子はDNA、タンパク質、脂質、グリカンまたは糖質の4つに大きく分類される。グリカン(3)には固有の特徴があり、オリゴマーまたはモノマー、直鎖構造のものや複雑に枝分かれした構造のものなど、分子的に極めて多様な分子である。グリカンのモノマーは異なる種類の結合によって、互いに結合しうる。
rdfs:label
  • 糖鎖生物学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of