Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 粟田女王(あわたじょおう/あわたのおおきみ、生年不詳 - 天平宝字8年5月4日(764年6月7日))は、奈良時代の皇族・女官・歌人。正三位。出自不詳だが、初叙が従四位下であることから天皇の三世王(皇曽孫)と推察される。養老7年(723年)1月、従四位下に初叙される。天平11年(739年)1月、従四位上に昇叙される。天平16年(794年)、左大臣橘諸兄が自邸に元正上皇を招いた宴において河内女王(天武天皇孫)らと参席し歌を詠んだ(『万葉集』18-4060)。天平20年(748年)3月、正四位上に昇叙される。天平宝字5年(761年)6月、光明皇太后の周忌斎会に奉仕し従三位に昇叙され、その後正三位に進む。同年10月、保良宮遷都に伴い、県犬養夫人(県犬養広刀自)と共に稲4万束を賜わる。同8年5月4日に薨去。『万葉集』に1首の歌が載る。月待ちて家にはゆかむ我が挿せるあから橘影に見えつつ(18-4060)↑ ↑ ↑
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2135996 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 982 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50438941 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 粟田女王(あわたじょおう/あわたのおおきみ、生年不詳 - 天平宝字8年5月4日(764年6月7日))は、奈良時代の皇族・女官・歌人。正三位。出自不詳だが、初叙が従四位下であることから天皇の三世王(皇曽孫)と推察される。養老7年(723年)1月、従四位下に初叙される。天平11年(739年)1月、従四位上に昇叙される。天平16年(794年)、左大臣橘諸兄が自邸に元正上皇を招いた宴において河内女王(天武天皇孫)らと参席し歌を詠んだ(『万葉集』18-4060)。天平20年(748年)3月、正四位上に昇叙される。天平宝字5年(761年)6月、光明皇太后の周忌斎会に奉仕し従三位に昇叙され、その後正三位に進む。同年10月、保良宮遷都に伴い、県犬養夫人(県犬養広刀自)と共に稲4万束を賜わる。同8年5月4日に薨去。『万葉集』に1首の歌が載る。月待ちて家にはゆかむ我が挿せるあから橘影に見えつつ(18-4060)↑ ↑ ↑
rdfs:label
  • 粟田女王
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of