Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 米韓関係(朝鮮語: 한미 관계、英語: South Korea–United States relations)はアメリカ合衆国が大韓民国の資本主義確立の援助や、朝鮮戦争(1950年-1953年)にて朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の朝鮮人民軍と戦う国連軍を支援する側に立った1950年以来最も広範囲に及んでいる。以後40年間、大韓民国は凄まじい経済力、政治力そして軍事力の増加を経験し、アメリカに対する依存度を劇的に下げた。1988年2月25日の盧泰愚政権発足から2008年2月24日の盧武鉉政権終焉までの間、大韓民国はアメリカ合衆国との連携を模索し、ソウルとワシントンとの関係を或る程度緊張させた。しかしながらアメリカ合衆国と大韓民国との関係は、2008年2月25日に親米保守派の李明博政権が発足した後、大きく強化された。2009年の第2回20か国・地域首脳会合(G20)で、アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領(民主党)は大韓民国について、「アメリカの最も近い同盟国で、最も偉大な友人の一つ」であると述べた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2616547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58164081 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:qalign
  • left
prop-ja:quote
  • 「...約3万7千人のアメリカ人が命を落としました。彼らは知りもしなかった韓国人の自由の為に戦いました。そして彼らの犠牲の御陰で、大韓民国の平和と民主主義が守られました...。この重要な出来事に、全ての韓国人は自由と民主主義に殉じた英雄に賛辞を払います。両国の将来の世代が新時代に適した精神に大韓民国とアメリカ合衆国との同盟を更に発展させてくれると私は堅く信じます。」
  • 「同盟は21世紀での安全保障環境の変化に適応させつつあります。我々は両国の安全保障の利益を支える同盟国の能力に裏付けられて、強健な防衛の姿勢を維持するでしょう...。我々は二国間の経済、貿易、そして投資の関係を深化させ続けるでしょう...。アジア太平洋地域に於いて、我々は繁栄を促進し、この地域の人々の日常生活を改善する為に共に働くでしょう...。アメリカ合衆国と大韓民国は我々共通の同盟の目標を戦略的な協力を通じて全てのレベルで達成させる為に共に働くでしょう。」
prop-ja:source
  • アメリカ合衆国連邦政府
  • --06-25
prop-ja:title
  • 大韓民国とアメリカ合衆国との同盟に関する共同の展望
  • 大韓民国李明博大統領からの手紙
prop-ja:tstyle
  • text-align: left;
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 米韓関係(朝鮮語: 한미 관계、英語: South Korea–United States relations)はアメリカ合衆国が大韓民国の資本主義確立の援助や、朝鮮戦争(1950年-1953年)にて朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の朝鮮人民軍と戦う国連軍を支援する側に立った1950年以来最も広範囲に及んでいる。以後40年間、大韓民国は凄まじい経済力、政治力そして軍事力の増加を経験し、アメリカに対する依存度を劇的に下げた。1988年2月25日の盧泰愚政権発足から2008年2月24日の盧武鉉政権終焉までの間、大韓民国はアメリカ合衆国との連携を模索し、ソウルとワシントンとの関係を或る程度緊張させた。しかしながらアメリカ合衆国と大韓民国との関係は、2008年2月25日に親米保守派の李明博政権が発足した後、大きく強化された。2009年の第2回20か国・地域首脳会合(G20)で、アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領(民主党)は大韓民国について、「アメリカの最も近い同盟国で、最も偉大な友人の一つ」であると述べた。
rdfs:label
  • 米韓関係
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of