Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 米英撃滅国民大会(べいえいげきめつこくみんたいかい)とは、1941年12月10日に後楽園球場で開催された大会。真珠湾攻撃からの3日後に、当時戦争に向かって突き進む政府に手を貸し、軍国主義に拍車をかけるために実施された大会であった。この大会は8社の新聞社、通信社による共催であり、8社は報知新聞社、東京日日新聞社、同盟通信社、中外商業新報社、読売新聞社、国民新聞社、朝日新聞社、都新聞社である。定刻午後1時には万雷の拍手に迎えられ海軍軍楽隊が軍艦マーチを吹奏しながら入場し、開会した。この大会で徳富蘇峰は大東亜戦争は「義戦」であると講演した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2725227 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3988 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56798797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 米英撃滅国民大会(べいえいげきめつこくみんたいかい)とは、1941年12月10日に後楽園球場で開催された大会。真珠湾攻撃からの3日後に、当時戦争に向かって突き進む政府に手を貸し、軍国主義に拍車をかけるために実施された大会であった。この大会は8社の新聞社、通信社による共催であり、8社は報知新聞社、東京日日新聞社、同盟通信社、中外商業新報社、読売新聞社、国民新聞社、朝日新聞社、都新聞社である。定刻午後1時には万雷の拍手に迎えられ海軍軍楽隊が軍艦マーチを吹奏しながら入場し、開会した。この大会で徳富蘇峰は大東亜戦争は「義戦」であると講演した。
rdfs:label
  • 米英撃滅国民大会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of