Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 米良 重方(めら しげかた、天文3年(1534年) - 元亀3年5月4日(1572年6月14日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。日向伊東氏の家臣。筑後守。須木城城主。三ツ山地頭。父は米良重泰。弟に米良矩重。須木米良氏は、肥後菊池氏の末裔と言われ、日向伊東氏の怨霊を払う神社の大宮司職をつとめる家系にある。その信頼から薩摩島津氏と接する小林村(現・宮崎県小林市真方)に小林城を作るよう命じられ、かつその城主にも任命され須木城と小林城を領有することになる。永禄9年(1566年)10月26日(永禄10年10月25日説も)、まだ建設途中の小林城に島津義久・島津義弘・島津歳久が攻めてくる。重方は弟の矩重と共に奮戦し、須木城からの援軍を得て、義弘を負傷させようやく島津軍を退却させる。翌 永禄11年(1568年)、飫肥での戦いにおいて、島津方の北郷忠顕と伊東家の代表として戦後交渉を行い、島津軍の撤退と飫肥領の割譲を実現させ、知勇兼備の将と謳われた。この頃に野首城も賜る。元亀3年(1572年)5月4日、木崎原の戦いに出陣。加久藤城攻めに失敗した伊東軍の殿軍となり戦死。その首は、義弘による首実検の後、米良家の菩提寺である一麟寺に送り届けられた。その首級の弔われた墓は「米良筑後守の墓」として小林市指定・史跡に、首が送り届けられた時の首桶は小林市指定・有形文化財になっている。
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1425451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1272 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58434029 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 重方、矩重
prop-ja:墓所
  • 宮崎県小林市須木下田字坂の下 の一麟寺跡「米良筑後守の墓」(小林市指定史跡)
prop-ja:官位
  • 筑後守(受領名)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --05-04
prop-ja:氏名
  • 米良重方
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:米良重泰
prop-ja:生誕
  • 天文3年(1534年)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 米良 重方(めら しげかた、天文3年(1534年) - 元亀3年5月4日(1572年6月14日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。日向伊東氏の家臣。筑後守。須木城城主。三ツ山地頭。父は米良重泰。弟に米良矩重。須木米良氏は、肥後菊池氏の末裔と言われ、日向伊東氏の怨霊を払う神社の大宮司職をつとめる家系にある。その信頼から薩摩島津氏と接する小林村(現・宮崎県小林市真方)に小林城を作るよう命じられ、かつその城主にも任命され須木城と小林城を領有することになる。永禄9年(1566年)10月26日(永禄10年10月25日説も)、まだ建設途中の小林城に島津義久・島津義弘・島津歳久が攻めてくる。重方は弟の矩重と共に奮戦し、須木城からの援軍を得て、義弘を負傷させようやく島津軍を退却させる。翌 永禄11年(1568年)、飫肥での戦いにおいて、島津方の北郷忠顕と伊東家の代表として戦後交渉を行い、島津軍の撤退と飫肥領の割譲を実現させ、知勇兼備の将と謳われた。この頃に野首城も賜る。元亀3年(1572年)5月4日、木崎原の戦いに出陣。加久藤城攻めに失敗した伊東軍の殿軍となり戦死。その首は、義弘による首実検の後、米良家の菩提寺である一麟寺に送り届けられた。その首級の弔われた墓は「米良筑後守の墓」として小林市指定・史跡に、首が送り届けられた時の首桶は小林市指定・有形文化財になっている。
rdfs:label
  • 米良重方
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 米良重方
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builders of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of