Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 米子鉱山(よなここうざん)は、長野県須坂市でかつて操業していた硫黄などの鉱山。1743年(寛保3年)に、米子村の竹前氏によって本格的な採掘が始められた。1898年(明治31年)に須坂硫黄会社が竹前氏から鉱山経営権を受け継いだ後、数回の所有者変更を経て中外鉱業株式会社が1934年に買収した。硫黄のほかにろう石、褐鉄鉱なども産出した。戦前は軍事用の火薬となる硫黄の需要が高く、最盛期には月産1,200トンに達し、鉱山関係者1,500人が生活していた。鉱山から須坂駅までは全長14kmに及ぶ索道(ロープウェイ)が設けられ、集落には共同浴場、学校、映画館なども建てられた。1960年に硫黄の採掘が終わり、1973年に全面閉山。付近には米子大瀑布がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1102911 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1752 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57719314 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 米子鉱山(よなここうざん)は、長野県須坂市でかつて操業していた硫黄などの鉱山。1743年(寛保3年)に、米子村の竹前氏によって本格的な採掘が始められた。1898年(明治31年)に須坂硫黄会社が竹前氏から鉱山経営権を受け継いだ後、数回の所有者変更を経て中外鉱業株式会社が1934年に買収した。硫黄のほかにろう石、褐鉄鉱なども産出した。戦前は軍事用の火薬となる硫黄の需要が高く、最盛期には月産1,200トンに達し、鉱山関係者1,500人が生活していた。鉱山から須坂駅までは全長14kmに及ぶ索道(ロープウェイ)が設けられ、集落には共同浴場、学校、映画館なども建てられた。1960年に硫黄の採掘が終わり、1973年に全面閉山。付近には米子大瀑布がある。
rdfs:label
  • 米子鉱山
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of