Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 米国産牛肉(べいこくさんぎゅうにく)とは、アメリカ合衆国を原産地とするか、またはアメリカ合衆国で加工された牛肉。約1億頭の牛が飼育され、年間約3500万頭の牛が牛肉として加工される。トウモロコシなどの穀物飼料が使われ、赤身で脂分が多いとされるグレインフェッド(穀物飼育)牛が80%を占める(一方オージー・ビーフなどは赤身の割合が多いグラスフェッド(牧草飼育)牛が多い)。米国農務省(USDA)による品質格付があり、プライム・チョイス・セレクト・スタンダード・コマーシャル・ユーティリティー・カッター・キャナーの8等級に格付けされる。日本においては1991年に輸入が自由化された。主に、牛丼や牛タンの原材料用に多用され、スーパーマーケットでは、カタロース、サーロインなどの部位が販売されている。また、焼肉レストランで牛タン、ハラミ、カルビ等が多く使われている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 396268 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51254429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 米国産牛肉(べいこくさんぎゅうにく)とは、アメリカ合衆国を原産地とするか、またはアメリカ合衆国で加工された牛肉。約1億頭の牛が飼育され、年間約3500万頭の牛が牛肉として加工される。トウモロコシなどの穀物飼料が使われ、赤身で脂分が多いとされるグレインフェッド(穀物飼育)牛が80%を占める(一方オージー・ビーフなどは赤身の割合が多いグラスフェッド(牧草飼育)牛が多い)。米国農務省(USDA)による品質格付があり、プライム・チョイス・セレクト・スタンダード・コマーシャル・ユーティリティー・カッター・キャナーの8等級に格付けされる。日本においては1991年に輸入が自由化された。主に、牛丼や牛タンの原材料用に多用され、スーパーマーケットでは、カタロース、サーロインなどの部位が販売されている。また、焼肉レストランで牛タン、ハラミ、カルビ等が多く使われている。
rdfs:label
  • 米国産牛肉
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of