Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 簡易金型(かんいかながた)とは、量産製品の製造工程に使用する金型ではなく、その量産前に少量の試作品の生産を目的として供給される金型である。ラピッドプロトタイピングにおいて、従来であれば積層造形法が使用されていたが、表面の後処理や、精度、使用される素材に制限がある等の短所があった。アルミ合金製の金型や電鋳、強化樹脂やコンクリートを使用した「金型」がある。金属製の簡易金型では基本的に鋳造後に切削加工によって精密に仕上げる必要がある。亜鉛合金製では融点が低く鋳造性が良くかなりの強度が得られるが、凝固収縮が大きいために切削加工の手間が増える。これを避けるために凝固収縮が少ないビスマス合金製によって切削加工処理を省く工夫も行なわれている。アルミ合金、亜鉛合金、ビスマス合金のいずれでも、簡易金型として使用後には再融解するので材料コストはあまり重要とはならない。亜鉛合金、ビスマス合金、強化樹脂、高強度セメントによるコンクリートのいずれでも、実用可能な強度を備えた鋭利なカド部は作れないために、カドだけは鋼製の入れ子が必要となる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1116962 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1412 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58623001 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 簡易金型(かんいかながた)とは、量産製品の製造工程に使用する金型ではなく、その量産前に少量の試作品の生産を目的として供給される金型である。ラピッドプロトタイピングにおいて、従来であれば積層造形法が使用されていたが、表面の後処理や、精度、使用される素材に制限がある等の短所があった。アルミ合金製の金型や電鋳、強化樹脂やコンクリートを使用した「金型」がある。金属製の簡易金型では基本的に鋳造後に切削加工によって精密に仕上げる必要がある。亜鉛合金製では融点が低く鋳造性が良くかなりの強度が得られるが、凝固収縮が大きいために切削加工の手間が増える。これを避けるために凝固収縮が少ないビスマス合金製によって切削加工処理を省く工夫も行なわれている。アルミ合金、亜鉛合金、ビスマス合金のいずれでも、簡易金型として使用後には再融解するので材料コストはあまり重要とはならない。亜鉛合金、ビスマス合金、強化樹脂、高強度セメントによるコンクリートのいずれでも、実用可能な強度を備えた鋭利なカド部は作れないために、カドだけは鋼製の入れ子が必要となる。
rdfs:label
  • 簡易金型
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of