Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 篠田昇(しのだ のぼる、1952年2月21日 - 2004年6月22日)は、日本の撮影監督。埼玉県北葛飾郡(現:三郷市)出身。日本大学芸術学部卒業。映画番長の愛称で多くの映画人に愛されたカメラマン。『ラブホテル』(1985年)監督:相米慎二が、劇場用の最初の作品。2004年6月22日、肝不全のため死去。享年52。遺作となる『世界の中心で、愛をさけぶ』で、日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞。実兄はJR三郷駅前の美容室『EMU』(現在はグリューネに改名、実兄の妻が経営)のオーナー。そんな縁もあり、同美容室で映画の撮影も行われたことがある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 235450 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3356 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58421193 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 篠田昇(しのだ のぼる、1952年2月21日 - 2004年6月22日)は、日本の撮影監督。埼玉県北葛飾郡(現:三郷市)出身。日本大学芸術学部卒業。映画番長の愛称で多くの映画人に愛されたカメラマン。『ラブホテル』(1985年)監督:相米慎二が、劇場用の最初の作品。2004年6月22日、肝不全のため死去。享年52。遺作となる『世界の中心で、愛をさけぶ』で、日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞。実兄はJR三郷駅前の美容室『EMU』(現在はグリューネに改名、実兄の妻が経営)のオーナー。そんな縁もあり、同美容室で映画の撮影も行われたことがある。
rdfs:label
  • 篠田昇
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:cinematography of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:撮影 of
is foaf:primaryTopic of