Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 箱根登山鉄道株式会社(はこねとざんてつどう)は、神奈川県小田原市に本社を設け、神奈川県足柄下郡箱根町周辺を主な営業エリアとする鉄道会社である。当時の東海道本線の経路から外れる小田原と箱根を結ぶことを目的として1888年に設立された小田原馬車鉄道(その後の軌道線)が前身で、その後電化により1896年には小田原電気鉄道となり、1928年にいったん日本電力に合併した後に箱根登山鉄道として独立した。2002年10月にはバス部門を箱根登山バスとして分社化、2003年8月に小田急電鉄の完全子会社となり、2004年10月には純粋持株会社として小田急箱根ホールディングスに社名変更し、会社分割によって鉄道部門の事業を継承する「箱根登山鉄道株式会社」が新設された。鉄道路線として鉄道線と鋼索線(箱根登山ケーブルカー)の2路線を有する他、自社ビルなどの建物の管理運営や、強羅・宮城野地区の旅館などへの温泉供給なども行う。全国登山鉄道‰会加盟会社。グループ会社にはビジネスホテル業を営む「ホテルとざん」やDIY店を運営する「ビーバートザン」が存在するほか、箱根登山バスの路線バス車両の一部には「ハートフルバス とざん」と表記されており、かつて存在した子会社の箱根登山興業が運営するスーパーマーケットは「トザンストア」、2002年から2006年まで発売されていた乗車カードの名称は「とざんカード」と称していたなど、神奈川県西部地区では単に「登山」とも通称される事例が見られる。本項では鉄道事業を中心として、小田原馬車鉄道・小田原電気鉄道・箱根登山鉄道について記述し、必要に応じて自動車部門(バス事業)についても記述する。持株会社については当該記事を参照のこと。
dbpedia-owl:commonName
  • 箱根登山鉄道株式会社
dbpedia-owl:foundingYear
  • 0001-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:legalForm
dbpedia-owl:locationCity
dbpedia-owl:locationCountry
dbpedia-owl:owner
dbpedia-owl:owningCompany
dbpedia-owl:postalCode
  • 250-0045
dbpedia-owl:purpose
  • 旅客鉄道事業 他
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 18916 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 46375 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 326 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59066757 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主要株主
  • 小田急箱根ホールディングス 100%
prop-ja:事業内容
  • 旅客鉄道事業 他
prop-ja:代表者
  • 代表取締役社長 府川光夫
prop-ja:売上高
  • 156 (xsd:integer)
prop-ja:外部リンク
prop-ja:市場情報
  • 非上場
prop-ja:本社所在地
  • 神奈川県小田原市城山一丁目15番1号
prop-ja:業種
  • 陸運業
prop-ja:画像
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 3000 (xsd:integer)
prop-ja:略称
  • 箱根登山、登山
prop-ja:社名
  • 箱根登山鉄道株式会社
prop-ja:種類
prop-ja:英文社名
  • Hakone Tozan Railway Co., Ltd.
prop-ja:設立
  • --10-01
prop-ja:資本金
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:郵便番号
  • 250 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 箱根登山鉄道株式会社(はこねとざんてつどう)は、神奈川県小田原市に本社を設け、神奈川県足柄下郡箱根町周辺を主な営業エリアとする鉄道会社である。当時の東海道本線の経路から外れる小田原と箱根を結ぶことを目的として1888年に設立された小田原馬車鉄道(その後の軌道線)が前身で、その後電化により1896年には小田原電気鉄道となり、1928年にいったん日本電力に合併した後に箱根登山鉄道として独立した。2002年10月にはバス部門を箱根登山バスとして分社化、2003年8月に小田急電鉄の完全子会社となり、2004年10月には純粋持株会社として小田急箱根ホールディングスに社名変更し、会社分割によって鉄道部門の事業を継承する「箱根登山鉄道株式会社」が新設された。鉄道路線として鉄道線と鋼索線(箱根登山ケーブルカー)の2路線を有する他、自社ビルなどの建物の管理運営や、強羅・宮城野地区の旅館などへの温泉供給なども行う。全国登山鉄道‰会加盟会社。グループ会社にはビジネスホテル業を営む「ホテルとざん」やDIY店を運営する「ビーバートザン」が存在するほか、箱根登山バスの路線バス車両の一部には「ハートフルバス とざん」と表記されており、かつて存在した子会社の箱根登山興業が運営するスーパーマーケットは「トザンストア」、2002年から2006年まで発売されていた乗車カードの名称は「とざんカード」と称していたなど、神奈川県西部地区では単に「登山」とも通称される事例が見られる。本項では鉄道事業を中心として、小田原馬車鉄道・小田原電気鉄道・箱根登山鉄道について記述し、必要に応じて自動車部門(バス事業)についても記述する。持株会社については当該記事を参照のこと。
rdfs:label
  • 箱根登山鉄道
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Hakone Tozan Railway Co., Ltd.
  • 箱根登山鉄道株式会社
is dbpedia-owl:operatedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:imageCaption of
is prop-ja:主要子会社 of
is foaf:primaryTopic of