Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 算盤の書(そろばんのしょ、Liber Abaci)は、1202年にフィボナッチによって書かれた算術に関する歴史的な本である。計算の書(けいさんのしょ)とも。この作品においてフィボナッチはアラビア数学をヨーロッパに紹介した。これらの知識はフィボナッチが父親のグリエルモ・ボナッチオと共に北アフリカに住んでいた時、アラブ人と学んだものである。「算術の書」とはアラビア数学について述べられた西洋初の本の1つである。商人や学者に説くことにより、新しい数学がこれまでの数学より優れたものであるということを人々に確信させた。第2版の算盤の書はマイケル・スコットにより1227年に献呈された。 今日1202年版のオリジナル原稿は存在しない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1777179 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56500178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:title
  • Liber Abaci
prop-ja:urlname
  • LiberAbaci
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 算盤の書(そろばんのしょ、Liber Abaci)は、1202年にフィボナッチによって書かれた算術に関する歴史的な本である。計算の書(けいさんのしょ)とも。この作品においてフィボナッチはアラビア数学をヨーロッパに紹介した。これらの知識はフィボナッチが父親のグリエルモ・ボナッチオと共に北アフリカに住んでいた時、アラブ人と学んだものである。「算術の書」とはアラビア数学について述べられた西洋初の本の1つである。商人や学者に説くことにより、新しい数学がこれまでの数学より優れたものであるということを人々に確信させた。第2版の算盤の書はマイケル・スコットにより1227年に献呈された。 今日1202年版のオリジナル原稿は存在しない。
rdfs:label
  • 算盤の書
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of