Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 箕輪バイパス(みのわバイパス)は長野県上伊那郡箕輪町の国道153号バイパスの名称である。松島バイパスとも呼ばれる。箕輪町の木下南新町交差点をバイパスの起点とし、現道とは跨線橋を経て接続しており、同交差点より南は伊那バイパスとして現在整備中である。箕輪町の沢交差点で旧道と交差する。25m幅の都市計画決定により整備が進められ、1994年に暫定2車線道路として全線開通した。その後、木下南新町交差点から箕輪町大出の跨線橋手前までの約3.3km区間で4車線化工事が行われ、2003年3月に完成した。沿線には大規模店舗や飲食店や工業団地などが並び、新たな市街地を形成しつつある。バイパス区間は全線4車線分の用地買収が行われているが、大出のJR跨線橋から北は事実上の遊休地状態である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 470822 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 578 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57438488 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 箕輪バイパス(みのわバイパス)は長野県上伊那郡箕輪町の国道153号バイパスの名称である。松島バイパスとも呼ばれる。箕輪町の木下南新町交差点をバイパスの起点とし、現道とは跨線橋を経て接続しており、同交差点より南は伊那バイパスとして現在整備中である。箕輪町の沢交差点で旧道と交差する。25m幅の都市計画決定により整備が進められ、1994年に暫定2車線道路として全線開通した。その後、木下南新町交差点から箕輪町大出の跨線橋手前までの約3.3km区間で4車線化工事が行われ、2003年3月に完成した。沿線には大規模店舗や飲食店や工業団地などが並び、新たな市街地を形成しつつある。バイパス区間は全線4車線分の用地買収が行われているが、大出のJR跨線橋から北は事実上の遊休地状態である。
rdfs:label
  • 箕輪バイパス (長野県)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of