Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 筒井 順斎(つつい じゅんさい、生没年不詳)は、戦国時代・江戸時代初期の武将。父は福住順弘。兄に定慶、弟に慶之。官位は紀伊守。兄や弟と同じく従兄に当たる筒井順慶の養子になるが、跡を継ぐことはなかった。後継の従兄筒井定次は徳川家康の命により切腹した。その後、大和郡山城1万石を家康から与えられた兄定慶は、大坂の陣で豊臣軍に敗れ逃亡、その後福住で切腹した。慶之も奈良で切腹した。だが、徳川家康に仕えていた順斎は福住に領地を与えられて、家名を存続させた。その子孫は旗本になり、幕末まで栄えた。日露和親条約の交渉を行った筒井政憲は末裔である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 998255 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 555 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51708699 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 筒井 順斎(つつい じゅんさい、生没年不詳)は、戦国時代・江戸時代初期の武将。父は福住順弘。兄に定慶、弟に慶之。官位は紀伊守。兄や弟と同じく従兄に当たる筒井順慶の養子になるが、跡を継ぐことはなかった。後継の従兄筒井定次は徳川家康の命により切腹した。その後、大和郡山城1万石を家康から与えられた兄定慶は、大坂の陣で豊臣軍に敗れ逃亡、その後福住で切腹した。慶之も奈良で切腹した。だが、徳川家康に仕えていた順斎は福住に領地を与えられて、家名を存続させた。その子孫は旗本になり、幕末まで栄えた。日露和親条約の交渉を行った筒井政憲は末裔である。
rdfs:label
  • 筒井順斎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of