Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 筒井 順定(つつい じゅんてい、慶長6年1月5日(1601年2月7日) - 慶長20年3月5日(1615年4月2日))は、江戸時代前期の人物。伊賀上野藩の嫡子。筒井定次の長男。母は織田秀子。筒井定次の嫡男として生まれる。生母は定次の正室である織田信長の娘・秀子であるため、信長の外孫に当たる。幼名は藤太郎。慶長13年(1608年)に父が改易されると、父と共に陸奥磐城平藩主・鳥居忠政のもとに預けられた。慶長20年(1615年)3月5日、大坂冬の陣において豊臣氏と内通したという罪により、父と共に自害させられた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1478080 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52638014 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 筒井 順定(つつい じゅんてい、慶長6年1月5日(1601年2月7日) - 慶長20年3月5日(1615年4月2日))は、江戸時代前期の人物。伊賀上野藩の嫡子。筒井定次の長男。母は織田秀子。筒井定次の嫡男として生まれる。生母は定次の正室である織田信長の娘・秀子であるため、信長の外孫に当たる。幼名は藤太郎。慶長13年(1608年)に父が改易されると、父と共に陸奥磐城平藩主・鳥居忠政のもとに預けられた。慶長20年(1615年)3月5日、大坂冬の陣において豊臣氏と内通したという罪により、父と共に自害させられた。
rdfs:label
  • 筒井順定
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of