Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 筑土 鈴寛(つくど れいかん、1901年9月28日 - 1947年2月12日)は、日本の僧侶、民俗学者。東京府北多摩郡神代村(現東京都調布市)生まれ。初名を寛也。私立天台宗中学校、國學院大學予科に学び、1924年(大正13年)東漸院住職となる。1926年國學院大學文学部国文学科卒業、東京帝国大学文学部副手、1928年(昭和3年)大正大学予科講師、同予科・専門部教授を経て1944年大正大学教授。折口信夫より唱導文芸の研究を受け継ぎ、中世の宗教芸文に関する研究を確立、1947年に宗教芸文学会を設立したが、まもなく若くして亡くなった。国文学の業績が多く、折口の後継者の一人と目されていた。小松和彦『神々の精神史』(講談社学術文庫、1997年)に詳しい紹介がある。編集者の安原顯は、娘の夫。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1548719 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 962 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 32724315 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 筑土 鈴寛(つくど れいかん、1901年9月28日 - 1947年2月12日)は、日本の僧侶、民俗学者。東京府北多摩郡神代村(現東京都調布市)生まれ。初名を寛也。私立天台宗中学校、國學院大學予科に学び、1924年(大正13年)東漸院住職となる。1926年國學院大學文学部国文学科卒業、東京帝国大学文学部副手、1928年(昭和3年)大正大学予科講師、同予科・専門部教授を経て1944年大正大学教授。折口信夫より唱導文芸の研究を受け継ぎ、中世の宗教芸文に関する研究を確立、1947年に宗教芸文学会を設立したが、まもなく若くして亡くなった。国文学の業績が多く、折口の後継者の一人と目されていた。小松和彦『神々の精神史』(講談社学術文庫、1997年)に詳しい紹介がある。編集者の安原顯は、娘の夫。
rdfs:label
  • 筑土鈴寛
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of