Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 筋小胞体(きんしょうほうたい、英: sarcoplasmic reticulum)は、筋線維内に存在する膜系構造の1つで、小胞体の特殊なものである。筋小胞体は筋原線維と平行に存在する。弛緩した筋ではカルシウムイオンを含み、カルシウムイオンの放出によって筋を収縮させる。筋小胞体の間には横行小管が位置する。横行小管と接する部分は終末槽と呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1151749 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 575 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47663358 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 筋小胞体(きんしょうほうたい、英: sarcoplasmic reticulum)は、筋線維内に存在する膜系構造の1つで、小胞体の特殊なものである。筋小胞体は筋原線維と平行に存在する。弛緩した筋ではカルシウムイオンを含み、カルシウムイオンの放出によって筋を収縮させる。筋小胞体の間には横行小管が位置する。横行小管と接する部分は終末槽と呼ばれる。
rdfs:label
  • 筋小胞体
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of