Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 化学において等電子的(とうでんしてき、英: isoelectronic)とは、元素の種類に関係なく、同数の価電子または同じ電子配置と、同じ構造(原子の数や結合様式)を持つ化学種(原子、分子、イオン)同士を指す概念である。また、同数の価電子または同じ電子配置を持っていても、原子の数や結合が異なっている場合は等価電子的(とうかでんしてき、英: valence-isoelectronic)という語が使われる。「これらの化合物は等電子的である」という表現は、単に上の定義を満たすということのみを意味しているわけではない。分子や電子密度の計算によって多くの一般的な物質と反応性を持つという事実から、それは重要性を持つ。既知の化学種と等電子的であるとして新たな珍しい、または変わった化学種を同定することは、その化学種の性質や反応の可能性の手掛かりを示してくれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2344365 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2009 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56196083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 化学において等電子的(とうでんしてき、英: isoelectronic)とは、元素の種類に関係なく、同数の価電子または同じ電子配置と、同じ構造(原子の数や結合様式)を持つ化学種(原子、分子、イオン)同士を指す概念である。また、同数の価電子または同じ電子配置を持っていても、原子の数や結合が異なっている場合は等価電子的(とうかでんしてき、英: valence-isoelectronic)という語が使われる。「これらの化合物は等電子的である」という表現は、単に上の定義を満たすということのみを意味しているわけではない。分子や電子密度の計算によって多くの一般的な物質と反応性を持つという事実から、それは重要性を持つ。既知の化学種と等電子的であるとして新たな珍しい、または変わった化学種を同定することは、その化学種の性質や反応の可能性の手掛かりを示してくれる。
rdfs:label
  • 等電子的
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of