Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 筆箱(ふでばこ、英語:pencil case)とは、鉛筆、シャープペンシル、消しゴム、定規などを入れる物である。筆入れ(ふでいれ)、ペンケースとも称される。主に学校へ筆記用具を持っていくために使用する。昭和40年代には小学生向きに電子ロック(実は単なる磁石を用いた開閉ロック機構)なる製品が登場し、裏表に開閉扉が付くもの、扉にシャッター機構を採用し一瞬に開くものなどが登場し、昭和50年代には変形する等、筆箱の玩具化が目立った時期もあった。しかしそれは後に子供の価値観が変化して行く時代の推移に伴い衰退している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1216606 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58453855 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 筆箱(ふでばこ、英語:pencil case)とは、鉛筆、シャープペンシル、消しゴム、定規などを入れる物である。筆入れ(ふでいれ)、ペンケースとも称される。主に学校へ筆記用具を持っていくために使用する。昭和40年代には小学生向きに電子ロック(実は単なる磁石を用いた開閉ロック機構)なる製品が登場し、裏表に開閉扉が付くもの、扉にシャッター機構を採用し一瞬に開くものなどが登場し、昭和50年代には変形する等、筆箱の玩具化が目立った時期もあった。しかしそれは後に子供の価値観が変化して行く時代の推移に伴い衰退している。
rdfs:label
  • 筆箱
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of