Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第36普通科連隊(だいさんじゅうろくふつうかれんたい、JGSDF 36th Infantry Regiment)は、兵庫県伊丹市の伊丹駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第3師団隷下の普通科連隊である。主な訓練は長尾山演習場や饗庭野演習場で実施する。1995年(平成7年)1月17日午前5時46分に発生した阪神・淡路大震災において、最初期に救助活動を行った事で有名である。様々な不備により国・自治体レベルでの救助活動が遅れ、政府からの自衛隊への災害派遣要請がなされず、各駐屯地の自衛隊が待機せざるを得なかった中、近傍派遣を活用する事により、最初期(午前6時台)に出動することができた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 671228 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4842 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59109509 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上級部隊
prop-ja:兵科
prop-ja:創設
  • --01-18
prop-ja:名称
  • 第36普通科連隊
prop-ja:所在地
prop-ja:担当地域
prop-ja:編成地
  • 伊丹
prop-ja:規模
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 第36普通科連隊(だいさんじゅうろくふつうかれんたい、JGSDF 36th Infantry Regiment)は、兵庫県伊丹市の伊丹駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第3師団隷下の普通科連隊である。主な訓練は長尾山演習場や饗庭野演習場で実施する。1995年(平成7年)1月17日午前5時46分に発生した阪神・淡路大震災において、最初期に救助活動を行った事で有名である。様々な不備により国・自治体レベルでの救助活動が遅れ、政府からの自衛隊への災害派遣要請がなされず、各駐屯地の自衛隊が待機せざるを得なかった中、近傍派遣を活用する事により、最初期(午前6時台)に出動することができた。
rdfs:label
  • 第36普通科連隊
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:指揮 of
is foaf:primaryTopic of