Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第2次防衛力整備計画(だいにじぼうえいりょくせいびけいかく, 英語: Second Defense Build-up Plan)は、日本国自衛隊の軍備計画。略称は「二次防」または「2次防」。本計画は1960年(昭和35年)の60年安保闘争の影響で決定が2年見送られ昭和36年度(1961年)は単年度予算となっている。内容としては、陸上自衛隊の大幅改編や航空自衛隊の態勢強化や後に国会で問題となる三矢研究が研究されるなど、対ソビエト連邦・中華人民共和国・朝鮮民主主義人民共和国向けの防衛戦略が整備され、日本の防衛政策の結節点となった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1738556 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2531 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50924498 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 第2次防衛力整備計画(だいにじぼうえいりょくせいびけいかく, 英語: Second Defense Build-up Plan)は、日本国自衛隊の軍備計画。略称は「二次防」または「2次防」。本計画は1960年(昭和35年)の60年安保闘争の影響で決定が2年見送られ昭和36年度(1961年)は単年度予算となっている。内容としては、陸上自衛隊の大幅改編や航空自衛隊の態勢強化や後に国会で問題となる三矢研究が研究されるなど、対ソビエト連邦・中華人民共和国・朝鮮民主主義人民共和国向けの防衛戦略が整備され、日本の防衛政策の結節点となった。
rdfs:label
  • 第2次防衛力整備計画
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of